やえまり                
八重鋺の発見・3
国際ストレス・マネジメント協会での演奏

私たちはいつも感覚対象(色・声・香・味・触・法)から情報を受け取っています。
その感覚器官(眼・耳・鼻・舌・身・意)が情報を遮断しない限り、ストレスは続きます。

座禅や瞑想は「意識の眼」を内部の観察に向けることにより、
感覚遮断することを目指しています。

シンギングボウルは「意識の眼」を聴覚と触覚に向けるのです。
まずそのゆっくりした音のリズムが、体内の生体リズムを同調させます。
また触覚に感じる波動は、体内の70パーセントの水分を泡立て、体内水分の変容をさせます。

左脳は言語野を司り、ストレスを増強させています。
左脳の働きを止めることが出来れば、多くのストレスは激減するのです。
そしてストレスに起因する発病も低下するのです。
音と波動のシャワーを浴びることにより、自然治癒力の活性化につながるのです。

ストレス低減の効果を知っていただきたく、
今年の5月14日代々木のオリンピック記念センターにおいて
ドニパトロ・ヒーリングのデモンストレーションを、心療内科医師・丸野廣先生主催のもと
国際ストレス・マネジメント協会での定例会で実験させていただきました。

なぜ響銅(さはり)で作るのか
〜占星術による金属配合


占星術的解釈では金属の構成成分が、惑星に対応する体内の同じ成分を活性化させると考えています。

占星術は当時の先端科学でした。
空海も中国より「宿曜経」を渡来させたのです。

多くの配合をすることで、妙なる音が出て癒しの効果も高まるのです。
 金属  惑星    
     
青銅=銅+錫
真鍮=銅+亜鉛
響銅=銅+錫+鉛+銀
 金  太陽  
 銀  月
 鉄  火星
 水銀  水星
 錫(すず)  木星
 銅  金星
 鉛  土星


シンギングボウルの高級品は、この惑星に対応する七種の金属によって作っています。

鋺の数が多いのはなぜか?

八重椀が8個あるのはチャクラに対応する数を意識しています。

密教的思考法では、身体は粗大な身体と微細な(波動の)身体で出来ています。
その二つをつなぐのが、チャクラと呼ばれます。

ヨガにおいては、チャクラは会陰 丹田 腹 胸 喉 額 頭頂の七ヶ所になります。
真言密教では「シャキャラ」と呼び、額 右肩 左肩 胸 喉 壇上 頭上などを想定しています。

数はまちまちですが、どちらも5〜7ヶ所の位置を想定し、
そこに固有の振動と音を与えようとします。
同じ大きさのボウルでは、効果が無いと考えているのです。

もちろん現代の音階は、ドからドまでの8音階なのです。
資料によりますと十重の鋺もあるそうです。

チャクラをいくつに考えるかが、数が多い理由なのではないでしょうか?
数が一定でないのは、鍼灸のツボのように、考え方によって数のばらつきが出るからなのです。

     
八重鋺の音を聞く

以上のように八重鋺についての多様な考察を進めてきましたが、
願わくば奈良時代のヒーリングが現代によみがえり、
人々のストレスが減少することを祈ってやみません。

「まんだらや密教研究会では、毎月一回、芝公園のオフィスにおいて「宇宙の響きコンサート」と題して、
オーストラリア原住民アボリジニの楽器ディジュリドゥ奏者・モト田村君と共に演奏会を開催しています。

今後1200年眠っていた、八重鋺の響きが再現されることを期待してやみません。