三つの力
密教では、一つの世界を身口意として三つの世界に分けて考えます。

それは善悪二元論(1=2)になってしまいがちな考え方を転換させる、発想法を豊かにする三密(1=3)なのです。

タロットも、絵を使うことで情報をシンボル化して伝えることができます。

成功する人に必要な心の性質は、知力・体力・気力です。

2:斎王は記憶力があります。古代の英知を学んでいます。

11:力は勇気があります。冒険心があってチャレンジ精神豊かです。

0:愚者は探求心があります。真実を求めてどこまでも歩み続けます。


                        


でもこの三人にも欠点はあります。

2:斎王は、書斎から動こうとしません。
下手をすると頭でっかちで観念論を振りかざすようになるかもしれません。

だから行動する勇気が必要になるのです。行動には、ライオンに噛まれる危険が付きまといます。
あえて、この危険を受ける勇気は、真実を知りたいという、愚者の探求心なしには得られません。

利口な人は、勇気がないのです。
他人の言葉で縛られて、身動きできなくなっているのです。

虎穴に入らずんば、虎児を得ず!
11:力を見習いたいものです。


0:愚者は上を見て歩いています。足元(現実)を見ていません。
理想主義は、協力してくれる左右の人を無視しているのかもしれません。

先人の歴史を学び、一歩一歩理想に近づきたいものです。

すべてのシンボルが、ユングの言う原型としてタロットの中に隠されています。

発見するのはあなた!
それが英知を得るという、密教の目的なのです。
お試しください!!