ティクナット・ハン師の般若心経

観世音菩薩は一連の「智慧の完成」を求めて瞑想している最中に、
五蘊(宇宙の構成要素)に焦点を当て、それらが等しく空であることを発見しました。

この「入我我入観」の瞑想のあとで、彼はすべての苦しみを乗り越えました。

(観自在菩薩の言葉)

シャーリプトラよ聞きなさい。

形あるものは空(色不異空)であり、空であるものには形がある(空不異色)。
形は空を離れては存在せず(色即是空)、空は形を離れては存在しない(空即是色)。

感覚作用(受)も、イメージ作用(想)も、意思作用(行)も、認識作用(識)も
同じ真実なのだ。

お聞きシャーリプトラ、すべての現象は空によって特徴づけられている(諸法是空相)。

それらは生まれもしなければ減りもしない(不生不滅)。
汚れてもいなければ、清らかでもない(不垢不浄)。
増えもしなければ減りもしない(不増不減)。

だから、空の中には物質(色)も、感覚作用(受)も、イメージ作用(想)も、
意思作用(行)も、認識作用(識)もない。

目や耳や鼻や舌や身体や心のような認識器官もなければ、
形や音や匂いや味や触感や心の認識対象もない。
目や心によって認識できる認識作用もない(無眼界・無意識界)。

無明(空がわからないこと)により老人となることや死ぬことがあるように思えるが、
そのようなものはない。

分離してバラバラに存在するものもなければ、それらが尽きることもない。

苦しみもなければ、迷いの存在は苦しみであるということもなく、
欲望の尽きないことが苦しみを生み出していると言うこともなく、
欲望のなくなった状態が苦しみを滅する真理であると言うことでもない(無苦集滅道)。

苦しみのなくなった状態(涅槃)に到達すると言う悟りさえない。

苦しみのなくなった状態の悟り(涅槃)を得る、ということがないのだから
菩薩(覚りを得ようとする修行者)は「智慧の完成」に支えられ、
彼らの心に障害となるものはない。

障害物がないのだから彼らは恐怖に打ち勝ち、苦しみの幻想から永遠に自由になり、
「智慧の完成」を覚った。

すべての過去、現在、未来の菩薩たちよ、「智慧の完成」をありがとう。
満ち足りた、公正な、この普遍的な覚りを。

だから人は「智慧の完成」を偉大な、最高の、並ぶもののない、
すべての苦しみを取り除く、清廉な宣言(マントラ)であると知るべきである。

般若心経の宣言(マントラ)はこのようである。

“Gate gate paragate parasamgate bodhi svaha”

「行ける者よ 行ける者よ
 彼岸に行ける者よ 彼岸に完全に行ける者よ
 覚りに 栄えあれ」


マトリックスの般若心経
ネオは最近の一連の体験を通じて、背中にコードをつながれていることを知り、
見させられていること(五蘊)が仮想世界だと気づいた。

この気づきのあとで、すべてはソース(根源)によりプログラミングされていると知り、
一切の苦しみを乗り越えた。

(ネオの言葉)

エージェント・スミスよ聞け!!
いま見えているものはプログラミングされた世界であり(色不異空)
プログラミングされているから見えるんだ(空不異色)。

見えているのはソース(根源)にコードがつながっているからであり(色即是空)
ソース(根源)は私たちの仮想世界なしには存在しない(空即是色)。

見ていること・感じていること・思っていること・それを行っていること・
判断していること(マトリックス世界の中で)がソース(根源)による仮想世界なのだ。

聞け!!エージェントスミスよ。
すべての現象はソース(根源)から送られてきているプログラミングなのだ。

だから、本当は生まれもしなければ減りもしない(不生不滅)。
汚れてもいなければ清らかでもない(不垢不浄)。増えもしなければ減りもしない(不増不減)。

だから、見ていること・感じていること・思っていること・それを行っていること・
判断していることはマトリックス世界の内部のことなのだ。
見えているもの(色)・聞こえているもの(声)・におっているもの(香)・
味わっているもの(味)・触っているもの(触)・現象世界(法)などない。

眼で見ている世界などないのだから、見えたと思って想像しているマトリックスなど
仮想世界にすぎない。

ソース(根源)につながってプログラミングされ、
老人となることや死ぬことがあるように思えるが、そのようなものはない。

仮想世界マトリックスは幻想であり、コードにつながっていたら、
何度も生まれ変わって輪廻が終わることはない。

プログラミングされているだけなので、
苦しみもなければ迷いの存在は苦しみであることもない。
欲望の尽きないことが苦しみを生み出していることもなく、
欲望のなくなった状態が苦しみを滅する真理であることもない。

苦しみのなくなった状態に到達する覚りを得るということさえない。

苦しみのなくなった状態の悟りさえないのだから、
ザイオンの仲間たちは「ネオの智慧の完成」に支えられ、心は自由に解き放たれた。

心が自由に解き放たれたのだから、ザイオンの仲間は恐怖に打ち勝ち、
マトリックスの仮想現実から永遠に自由になり、背中のプラグを外すことが出来た。

今まで、エージェントたちと戦ってきた仲間たちよ、ありがとう。

マトリックスの中で、洗脳されてきた仲間たちも覚り始めた。
だから人々は「ネオの智慧の完成」を最高の、並ぶもののない、
すべての苦しみを取り除く、清廉な宣言(マントラ)であると知るべきである。

般若心経の宣言はこのようである。

”Gate  gate  paragate  parasamgate  bodhi  svaha”

「行ける者よ 行ける者よ 
 ザイオンに行ける者よ
 ザイオンに完全に行ける者よ 
 『私たちはプログラミングされていた』という覚りに 栄あれ」