タロットカードは
なぜ未来を予知できるのか?

(科学的考察 / 小林宗次郎 ・岸善生)

自分がこうしようと思って、そうし始めた瞬間に、
それが既に実現してしまった未来から、時間を遡って影響が今にやってくるようです。

こうしようと思って、やり始めたときの私たちは、未来に向かって進んでゆく途中です。

これが遅延波と呼ばれる未来へ向かってゆく物質波です。
私たちも物質ですので、この波の塊である私たちが未来へ向かってゆくことになります。

驚いたことに、そうし始めた瞬間に、それが既に実現した未来からも、
波の塊である私たちが戻ってきます。

これが先進波と呼ばれる過去へ向かってゆく物質波です。


未来へ向かってゆく波の塊である私たちと、
それが既に実現した未来から遡ってくる波の塊である私たちとが干渉しあって、
実際に私たちが経験する現象が顕現します(決まります)。

タロットの例で言えば、例えばこのカードを引きたいという思いが強いと、
そう思った瞬間に、そのカードを引いたことが現実となった未来から先進波が戻ってきて、
これからタロットを引こうとしている私たち(遅延波)と、干渉します。

干渉の結果、残った波が現実として顕現しますが、波がうまく強めあうと、
見事に思ったとおりのカードを引くことになります。

これは潜在意識でどれだけ強く思っているかに関係するかもしれません。
このカードを引きたいと強く思っていると実現する可能性が高いのかもしれません。

また、こんなカードは引きたくないという潜在的な不安や恐れが強いと、
結局その不安や恐れが実現する可能性が強いのかもしれません。

その不安や恐れが実現した未来から先進波が戻ってくるからです。
悪い影響が戻ってきて、これからカードを引こうとしている私たちと干渉するからです。
 
中村天風が、とにかく積極が大事、消極はダメとよく言いますが、
これはこんな仕組みがあるからかもしれません。

中村天風の「成功の実現」P384には、
「哲学的な意味からいくとね、これから東京なら東京に行こうと思って歩き出したら、
 もう東京に着いたのと同じだ。原因と結果は統一されているんだからね。
 観念の中ではもう行っちゃってるんだもの。」
というくだりがあります。

未来から遡ってくる先進波の影響については、最近気付いたことでして、
今後研究を深めてゆきたいと思っております。



この文章はタロットがなぜ当たるのか岸さんにメールした答えです。

ここで私は彼(岸さん)の言っていることが、
弘法大師空海の加持祈祷の原理と同じであることに気づきました。
祈祷の原理は三力といいます。

  いが    くどくりき   にょらい  かじりき      ぎゅうい ほうかいりき      ふくよう  にじゅう
以我功徳力 如来加持力  及以法界力  普供養而住 

訳:我が功徳の力を持って、如来の加持力と及び、法界力と、普供養にして、住す。

この境地を『仏日の影、衆生の心水に映ずるを加といい、衆生の信水、良く仏日を感ずるを持という。』
と弘法大師が語っています。

行者の思いが、遅延波となり未来に向かっていきます。
すると如来(未来の存在)から過去の行者のところに、先進波として戻って来る物質波があります。
それが現在のところで干渉し合い、法界力として現実化するのです。

現実化するために必要な条件は、功徳の力(行者が人生においてなした)と供養に住する心なのです。

中村天風さんの言葉は、道元禅師の「修証一義」にあらわされます。
修行すると思ったら、それはすでに覚り(証)を得たと同じだと言うのです。

意思(意識と無意識)が世界を創っているのですから!