タロットの世界観
タロットで観る世界人類の構造



世界にはABCの三種類の人類がいる。


まずはシステムを作ってその上位に立つ人類A(15番の大悪魔)。
そのシステムが真実だと思って従う人類B(15番の小悪魔)。

そのシステムが苦しくてシステムから離れ(12番・吊るし)、
その構造を発見した人類C(数のない愚者)。

あなたはどの人類だろう?


15

12



映画「インサイド・ジョブ」を観た。

規制を緩和して低所得層に持ち家の夢を与え、
そのシステムの崩壊がわかっていたハーバード大学出身の経済学者たち。
人類Aは自社株を高く売り、倒産後には退職金を受け取り、
今も告訴されずにいる銀行という金融システムの創造者=アーキテクト(建築家)だ。

タロットの悪魔も、錬金術の壷の上に乗り、人々を支配する。
下にいる小悪魔は、左はシステムがわかっている内部の人類A'。
胸に三角の秘密結社のマークをつけている。

右の小悪魔はシステムを理解していない人類B。
そのうち真実がわからず苦しむようになる。

その苦しみを、タロットでは12番吊るしで表現している。
逆さ吊りの苦しみだ。世間から相手にされない苦しさでもある。

子供たちの間でのいじめも、みんなから相手にされない苦しみだ。
でも、それは、みんなが人類Bだからだ。

この人(人類B)のことを、仏教では無明の人(真実を知らない人)と呼ぶ。

権力の構造(サンサーラ)がわかると、この苦しみが幻想であると気づけるのだ。
真実は、挫折を意味する12番を体験してしか、学ぶことができない。

これらの価値観から離れることができると、人類Cになれる。
起こる出来事を「ジャッジ」せずに受け取れる人物だ。

倒産も、大地震も、放射能も、死も・・・安らかに、受け取れる人物だ。

この人物こそが、NEO(新人類)なのだ。


あなたの考えていることは、誰かが言ったこと!!

NHK(マスコミ)、政治家、官僚、大企業・・・は
政・財・官のトライアングルを作って人々を支配している。

市民とは悪魔大王Aを信じているA´とBの人々のことを言う。


所詮この世は「マーヤー=幻想」
何万年にもわたって、人類はこのような道化芝居を繰り返していた。

人類意識に立ち戻れば、あなたも愚者=人類Cになれるだろう!!

この世に縛られている人類たちに別れを告げ、高み(聖なるもの)を求めて歩む人。
求道者という名の愚か者。

エハン・デラヴィはその人のことを「独立個人」と呼ぶ。

四国では「巡礼者」と呼ばれるのかもしれない。


彼は「リスクは自分自身がとる」という冒険心も持ち合わせている。
変化すること(無常)を恐れている人々、人類Bにとっては、彼は永遠に「愚者」なのである。
タロットで観るこの世(穢土)


この世は穢土(サンサーラ)であると、仏教ではいう?!
死んでから行く世界が、浄土(ニルバーナ)であると仏教はいう?!

権力者=悪魔(政財官+マスコミ+教育委員会)【人類AまたはA'】が支配している世界が、
この世なのだ。

悪魔AとA'(教育委員会)は、悪魔たちにとって都合の良い情報をコードから流し、
子供の頃から人々を洗脳する。
すると、人々【人類BとC】は真面目が一番、ウソはいけないと思うようになる。

悪魔AとA’(マスコミ)は、水戸黄門のようなドラマで、真の悪魔が支配者であることを見えなくさせる。
「越後屋、お前も悪じゃの〜」といっているお代官は切り捨てられる小悪魔で、
越後屋と水戸黄門が生き残る大悪魔(悪魔A)なのじゃ!!

勧善懲悪ドラマなど、判官びいきの弱者におもねったドラマに過ぎない。

現実は「事実は小説よりも奇なり!!」なのだ。

なぜ、サラリーマンはネクタイをしているの?
普通の人になりたければ、ネクタイをすると良い。
このネクタイの先は、大悪魔の先に結びついていて、引きずられてしまうのだ。
竹中直人と桃井かおりのローン会社「モビット」の宣伝のように!!

借金をすることで、私たちはこの世界に縛り付けられてしまう。
タロットの悪魔の足元の錬金術の壷から出ている紐は、ネクタイに似ているね〜。

借金は返さなければいけないという教えは誰がいったの?
言ったその人(小悪魔A´)は、この支配構造が見えているの?

マイホーム・ローンを抱えている人々も、誰かの言葉で動かされてしまったのだろう。
あなたの考えていることは誰かの言ったこと。

常識なんて無いんだよ!!

金融機関は、預金残高の9倍はお金が貸せるなんて・・システムは誰が考えたの?


今あなたが動けなくなっているのは、このような真実の情報が不足しているから。

人々のためになるからといって出来た銀行(金融システム=貨幣経済)が、人々のことを苦しめている。

縄(社会的システム=マトリックス)は最初から幻想なんだ。
人類の幸せのために必要が無ければ、作り変えることができるんだ。

個人意識(バラバラ世界観)になれば、出来ないけど・・・
私たちの本当の姿は人類(つながり世界観=因縁生起)なんだ。

人類意識の絆を結べば、世界は天国に、浄土に変えられるよ!!

このような考えが、子供のような夢物語だって?

そうだね、いままでのパラダイム(社会常識)を基準に考えたら、愚者に見えるかもね。
でも競争原理社会は、人々に幸せをもたらさないことぐらい、わかりそうなものだけどね?
環境破壊も競争原理からもたらされるものだね。

愚者は、理想(夢?)に燃えた若者なんだ。
だから、視線を上に向けるんだ!!

効率化が「リ・ストラクチャリング」などという言葉を生み、首切りの理由に使われたよね。

でも、どんな世界をストラクチャリング(建築)するんだい?

なぜ、それを言わないの?

支配には、恐怖(火あぶりになる「たいまつ」:鞭)と欲望(錬金術の壷=金持ちになれる:飴)が必要なんだ。

真実を逆立ちしてよく観察して「顛倒・夢想=般若心経の言葉」、深い真実を身につけようよ!!

あなたが愚者となり、菩提心(真実)を求めて巡礼の道を歩むようになると、
後の子犬(獣の心=無意識)が追っかけていたことに気づくようになるよ!!

巡礼の旅には、霊的サポートがあるんだよ!!

真言宗では、それをお大師様(ハイヤーセルフ)と二人連れ=同行二人(どうぎょう・ににん)と呼んでいるんだ!!

魔女の世界観


そうなんだよ、15世紀にあたしは魔女だったんじゃ。

エルサレムに向かう巡礼の途中、
病人を野に咲く草を煎じて薬草を作り病気を癒したら、
魔女と呼ばれて異端裁判所に引き出され火あぶりにさせられてしまったんじゃ。

あいつらは、病気は「イエスの物語を信じれば癒される」というばっかりで、何にも考えない連中でさ。
排泄物は窓の外から捨てて、垂れ流し。
なんて不衛生な連中じゃ!!

こんな私から見て、15番:悪魔カードの悪魔はローマ法王とその手先。
でもあいつらは私のことを「魔女」と呼ぶ。

どっちが魔女なんじゃい?
あいつら免罪符などという、わけもわからないお札を売って金を集めている連中だよ!!

あの当時はローマ皇帝と結託してヨーロッパ中を支配していた。
肉体は皇帝が支配、魂は法皇が支配していたんじゃ。

あたしゃ反抗的な態度をしていたから、逆さ吊りにされて火あぶりに遭ったんじゃ。
でもそれは「輪廻する真実」を知っていたから、死ぬことなんて怖くなかったんじゃ。

今になって前世の記憶を取り戻したのは、心(意識体)が輪廻すると知っていたからかもしれないね。ウフッ〜フッ(笑)

悪魔は、「秩序ある自由」なんていうけど、秩序の名の下に多くの言論が封じられたのが、
この世界の歴史じゃないかね?

反抗する人間に「非国民」「テロリスト」なんてネガティブな名前をつけて、
言論や行動を封じてきたんじゃないかね!!

だから悪魔のカードの大悪魔のことを、私らは「ウソつきの法皇」って呼んでいたんじゃ。

信者を「聖書」で縛って、美味しい汁(献金)をすすって生きているんだから。

え、日本の権力者(政・財・官)もそうだって?
困ったもんじゃの〜!!

悪魔の世界観


俺を悪魔って人は言うけど、自分のことしか考えないヤツがこの世には多すぎる。

だから俺は「3S(スクリーン・スポーツ・セックス)]という魅力ある情報を流してやって、
この世の楽しみを教えてやっているんだぜ。

世界の構造なんて教えてやっても、連中はすぐに飽きてしまうさ。
小さな集団の中でだれがトップに立つか、そればっかり気にしているんだ。

俺の頭の角は、性衝動を意味する山羊の角だそうだ。
星型の五芒星を逆さにすると、この形になるとさ。

山羊はやさしくて、びくびくして、命令を聞く生き物だろ〜。
みんなマネをしてくれれば、支配なんて楽なものさ。 

そういえば、東洋では異生羝羊心(いしょう・ていようしん)なんて
十住心(意識レベル)の最低の段階と言っていたやつがいるな!!

やつら、羊の心を持つやつを自由にさせておいて見ろ、みんな狼に食われちゃうぜ。

だから俺が、この世のルールを教えてやって、囲いの中で安全に生かしてやっているんだ。
やつらの心臓じゃ冒険(変化すること=無常)には耐えられないんだ。

でもたまに群れを離れて、行動してしまうやつらがいる。

そいつは寂しい思いをするんで、柵に囲まれているように思うけど、
ほんとうは俺の支配から離れて、自由になったってことさ。
あいつら、自由さえも楽しめないんだ。

俺の支配下が現実で、そこから離れると「現実剥離感」がやってくるんだ。

最近はパソコンでのバーチャルリアリティとかで、現実逃避をしている奴が多すぎる。
俺の作った現実(リアリティ=マトリックス)はそんなに魅力がなくなったかね?

おろかな連中は、足元も見ずに理想を追って過ちを起す。
ヒッピーだなんて世界をふらふらして、女の尻を追っていた連中がいたな〜。
40年前に日本では「全学連」だなんて名乗って、暴力を振るった連中がいる。
中国でもそんなことがあったから、戦車で脅してやった。
連中は痛めつけて力で抑えないとわからない、レベルの低い連中なんだ。

俺の仲間は、ベトナムで戦争をするときに、強い兵士を作るために、
人間の心を洗い流す洗脳法を研究したぞ。
恐怖心を与え、追い込んでいくと人はいつでも命令を聞くロボットになるんだ。

人間は、集団になると自制心がなくなる、とんでもない連中さ。
だから俺様が、世界のルールを作って教えてやっているんだ。
悪魔なんてとんでもない。天使といわれたいぐらいさ。

え〜?!パックス・アメリカーナ(アメリカによる支配)だって!?

その昔、ローマがヨーロッパ中を支配していたパックス・ロマーナのとき、
コロッセウムで、ライオンに反対派のキリスト教の連中を食い殺させていたんだけど、
あれで連中少しはおとなしくなったんだ。面白い見世物だったぜ。

南フランスのカタリ派の魔女たちも、税金を渋るから、十字軍を送って壊滅させてやった。
秩序ある社会には、隠された暴力が必要さ。
昔のように、暴力を露骨に使わなくなっただけ俺様も賢くなったって訳さ。

俺たちが、あいつらのことをゴイムって呼ぶって?
あ〜、あれは自由を求める奴らの偽造文だよ。

おや・・長話をしすぎたようだ・・・。
そろそろ上の世界に戻らなくっちゃ・・・(煙が消えるように退場)。