タロットは埋蔵経だった
タロットは埋蔵経だった


カモワン・タロットの企画者、フィリップ・カモワン氏はあるとき冥想により、シバ神よりビジョンを受け
22枚のタロットの中から愚者を別にすることを思いついた。

このときから・・1+21は魂の遍歴を表す・・・善財童子の求道の旅(華厳経)に変容し・・・
新たな意味を持ち始めたのだ。

彼は崇拝するシバ神のタトゥーを、肩に彫っている。

私もシバ神(不動尊)からメッセージを受け・・・シバ公園に16番・・・
「神の家=ザ・タワー=ドルジェ=金剛不壊」を建てた。

カモワン氏は日本に来たときは・・・高野山に行き・・・結縁灌頂を受けている。
チベットの金剛サッタの百字真言を唱える密教行者なのだ。

タロットは霊的成長の地図なのだが・・・霊的成長を実践する・・・
修行の階梯は残念ながら残されていない。

それが仏教には六波羅蜜として残っている。
金剛サッタから大日如来への修行の道だ。
光の戦士からアダムカダモンまでの成長の道とも言う。

布施・持戒・精進・にんにく・禅定・智慧の六段階だ。

チベット密教では・・パドマサンバヴァが仏教の破壊される次代を予期して教えを洞窟に埋め込んだという。
・・・・教えを伝承するのに、地図は欠かせない。

埋め込まれていた教えがいま・・・どんどん明らかにされている。
グノーシス思想が、ユダの福音書が・・・そしてタロットが・・・・暗闇の中から光を浴び始めている。

ダヴィンチ・コードの大ヒットでルーブル博物館のダビンチコーナーは大盛況だった。

智慧と言う・・・光の次代が・・・訪れてくる実感を感じてきた。

今回(2007年3月)の旅は・・・フランス・マルセイユに行って・・・
密教(グノーシス=叡智の宗教)の素晴らしさを再認識する旅になった。

             
カモワンからのメール


Hi 宗次

ご機嫌いかがですか。
フランスで貴方にお会いできて、とてもとても嬉しかったです。
貴方から頂いたタンカ(仏画)を私の瞑想室の壁にかけ、一緒に瞑想を始めました。
僧の集団が私のところへやって来たような感じがして、私は多くの未来に対する洞察とエネルギーを受け取りました。
また常に働きすぎで疲れている私の身体が回復するのを助けてくれました。

(貴方と)一緒に仕事をするのは良いだろうという未来に対する洞察が来ました。
現時点では、ここヨーロッパで貴方が近い将来、仏教の実践とシンボリズムの教えを、
私の教え子たちにしてくれたらよいと感じています。

(あなたのアドヴァイスにより)私はブータンとネパールに行きたいとも思っています。
でもまずヨーロッパで果たさなければならない多くのことがあるため、
その時間は今すぐにはないでしょう。

私の教え方と私のタロットについて、この前貴方が私に言った感想を書いていただけたらとても嬉しいです。
私の新しいウェブサイトはほぼ完了しますので、そこに貴方の言葉が欲しいと思います。
また、短いものでいいので、マルセイユタロットと
仏教におけるいくつのシンボルの類似性についても、書いていただけたらなお良いと思います。

それらの記事は、素敵なスピリチュアル・アドベンチャーの始まりになると感じています。
日本語で書いてくれたら、通訳のスキップが英語に翻訳します。
それから私たちはそれをヨーロッパの言葉に翻訳しましょう。

タンカはとても嬉しかったです。
何年も何年も、それは私がもっとも好きなものでした。

いつか貴方に電話して、私の(過去に見た)ヴィジョン(*覚り体験)について話し合えたらと思います。
貴方の見たヴィジョンについてもうかがいたいものです。

ではごきげんよう。

   

Hi Soji

How are you?
I was very very happy to meet you in France.
I have hung the tanka you offered me on the wall of my meditation room and
I have started to meditate with it.
I felt like the community of monks was coming to me and I received a lotof insights and powers.
It helped me recover from a state of exhaustion
I had achieved by overworking all the time.

I had the insight it will be good to work together.
At the moment, I felt that it would be nice that you give some practice and
bouddhist symbolism teachings to my students here in Europe in a near future.
I also felt I would like to go to Bhoutan and Nepal, but I will not have immediately the time
as I have to fulfill a lot of things in Europe first.

I would be very happy if you could write what you told me about
how you felt my teachings and my Tarot deck.
Our new website is almost finished and I would like to have your testimony on it.
If you can also write a little article about the similarity of some symbols in the Tarot of Marseille
and in Bouddhism, that would be fine.

I feel these articles could start the begin of a nice spiritual adventure.
You can write these texts in Japanese and Skip will translate them intoEnglish.
Then we shall translate them into European languages.

I was very happy for the tanka. Since years and years, it has been the object that I like the most.

Maybe I can call you some time and we can discuss about these insights I had,
but maybe you had some too.

Best thoughts

Philippe CAMOIN