密教僧入門レポート(得度編)

by 梵智 惇声

高野山真言宗において得度し、僧侶としての道を歩みだそう、
そう思ったきっかけは、27歳の従弟の死にあります。

今年(2008年)の3月9日に亡くなったのですが、
その死因は、哀れとしかいいようのないものでした。

早い話が癌なのですが、遺伝子の組み合わせによって起きるもので、
若くして発症、あっという間に進行して死んでしまう、という、
医者の言葉を借りれば「事故にあったと思うより他ない」
そんな病気で、早期発見さえままならない、
治る確率は1%あるかないか、という死病でした。

この1%の確率を念じ、親族一同何かに縋り、
祈る対象を見出しては祈っていたものです。

私も祈願したわけですが、その対象はたった一つでした。
不動明王への息災護摩です。

これは、真言宗に縁の強い人間としては当然の選択でした。
ただ、他の親族とは少し違った祈り方をしていたものです。

「どうか我々全員に、利益のある結果を下さい。」

この祈りが聞き届けられた、と私は信じています。

さて、この護摩による祈願において私が感じたことは、
「人任せにしなければ護摩も出来ない自分が不甲斐ない」
ということでした。

仏教、密教に関する知識が全くなければ、
あるいはそんなことを思わずに済んだのかもしれませんが、
自分が好きで、興味ある分野においては、
「人任せ」というのは、私には我慢ならないことなのです。

だからこそ、観客で収まっていられずにオペラ歌手になったし、
演技の勉強をするのに落語を聴くことを勧められましたが、
好きになったら自分でやらずにはいられないので、

「船場家ぼんち」の名前で素人落語も始めたわけです。
そのような性質から、出した答えは

「真言宗の僧侶になる!」でした。

真言宗や天台宗など、密教系の宗派というのは、
実のところ、出家しない人間は何も教えてもらえない宗派です。
哲学的なこと(教相)はある程度教えてもらえますが、
実際に宗教的な実践(事相)は、阿字観など、多少の例外を除いて、
出家して初めて教えられるのです。

さて、そのようなことが背景となってたどり着いた得度です。


高野山に着いてまず・・・石橋法衣店まで法衣一式を買いに行きました。

さしあたり、得度に必要な一式は次の通りです。

下から白の半襦袢、白衣、空衣(うつお、黒の衣です)、
如法衣(にょほうえ、黄色の袈裟です)、
それに白衣に締める帯、足袋。
これらが得度式で身に着けるものすべてです。
この中で少し値の張るものだけ値段を記しておきます。

白衣 12600円
空衣(帯付) 18800円
如法衣 9800円

念のため申し上げておきますが、
これは身長170センチ、体重約100キロ、
胴回り110センチ余りある私のサイズの値段ですので、
私以下の体格を持つ方が私以上に金のかかることはありません。(笑)

なお、私は後々の道行きのために、
空衣のように袖が大きくない、普通の着物と同じくらいの大きさの、
「改良服」というものを買いましたが、
こちらが私の買った夏物で23000円、合物で16000円程度というお値段です。

・・・これは帰宅してから実感しましたが、
空衣は私の持っている衣類の中で、最も巨大なものです。
おそらく得度された皆さんも、同じように思われるでしょう。


数珠屋四郎兵さんで数珠などをそろえたあとで、
金剛峰寺寄りにあるヘアサロンに向かいました。
目的は「得度カット」。

他の土地で「得度カット」と注文してわかってもらえるかどうか、
甚だ疑問ではありますが、高野山内ではこれで通ります。
頭の真ん中と左右の合計3箇所に1房ずつ残して、後は剃髪する、というヘアスタイルです。

得度カットにはしたものの、このまま外を歩いたら、
好奇の目に晒されるのは実行してみるまでもなく明らかです。

5月末の集団得度の時期ならば街中をそういう頭の若者が
ウロウロしているのでしょうけれども、今は9月、
ちょっとその勇気はなかったので、手持ちの頭巾を被りました。

そのまま常喜院に向かったのですが、
門にたどり着く頃にはかなりの雨が降り、門につくなり土砂降り。
玄関までの数歩を惜しんで、小降りになるのを待ち、
声を掛けて部屋へ通していただきました。

運ばれてきたお茶を飲みながらしばらく待っていると、
東京からの「まんだらやご一行様」が到着されました。

6月にご挨拶に伺って以来、3ヶ月ぶりにお会いする小林阿闍梨、
私の顔(頭?)をご覧になるなり、
「おお、恰好良いねえ!」

禿頭に毛の房が3つ・・・
携帯で撮った写真を帰宅して祖母に見せたら、
中国の絵に描かれた子供を思い出したそうです・・・。

部屋に入られた小林阿闍梨、しばらくしてデジカメを手に戻ってこられ、
今後のために掲載するホームページの資料として
しっかり「得度カット」を撮っていかれました。

この先、お風呂の順番を考えることになります。
今回の得度受者は計8名(男3名、女5名)、
証明人が小林阿闍梨含め、3名(男2人、女1人)、
6時の食事まで、女性陣はお土産を見に珠数屋四郎兵衛に、
男性はお風呂に、と分かれました。
小林阿闍梨は私が得度カットにしたヘアサロンへ剃髪に行かれました。

その後、6時から食事(精進料理です・・・当たり前か。)。
部屋に戻って三礼(五体投地礼3回1セット)の練習、
得度式次第の説明を小林阿闍梨から受け、
・・・ある意味優秀なのかもしれませんが、9時頃には就寝と相成りました。(笑)


一夜明けて得度式当日。
5時に起きて洗顔、6時から朝勤行に列席致しました。

前讃(四智梵語)、理趣経一巻、後讃(仏讃)など、30分強の勤行が終わり、
加藤住職のご講話をいただいて朝食と相成りました。

ちなみに、この加藤住職は、私の知人とは高校時代の同級生であった!
というオマケ話まであります。(笑)
世間とは狭いものです。

朝食をとってさらに歯磨き、トイレを済ませ、丁子湯に浸かりました。
これは、得度式のみならず、およそ真言宗僧侶が何か気合をいれてする儀式などの時、
その前に浸かるようですね。
浴槽に丁子(グローブ)を袋に包んで浮かべて入ります。
(少し熱いお湯なので気合入れて入りましょう。)

白衣に着替え、帯を締めますが、この帯について一言。
常喜院の得度式で使うのは、後々のことも考えてかマジックテープの簡略な帯なのですが、
本来は自分で結ぶタイプの白い帯を締めます。
高野山大学主催の集団得度などでは本来の帯を締めます。

いずれにせよ、一つ気をつけねばならないのは、
結び目は前、つまりお腹のところに持ってくる、ということです。

これを、後ほど准胝観音の真言を唱えている時に、
指導の阿闍梨に注意されました。

さて、着付けが済んだところで三礼のお稽古です。
簡単そうでいて、案外難しいのですが、
それは着物を着ているから、です。

座った状態でまずは額を地面につけ、
掌を開いて(最近は親指を人差し指で輪を作る持花印は使わない)、
掌を少しだけ上に上げ、頭を上げて手は金剛合掌、
右足から立ち上がり、また左足から座って額を地面に、ということを、
座→立→座→立→座→立→座と、3回立つように繰り返して1セットとするのですが、
立ったまではいいが、手で裾を整えずに、
しかも大きく裾を乱すこともなく座るのにはコツが必要です。

私なりのコツを書いてみましょう。

立つにしろ、座るにしろ、
まずは右足から立つからといって、右足を大きく立てず、
左足から座るからといって、左足を大きく引かないことです。
特に座る時は、多少斜め前に膝をつくつもりで、
左足を引きながら腰も同時に落としていき、
あまり左膝と右膝の着地の時間差を広げないように、
しかもそれを素早く行えばあまり裾は乱れません。

この稽古をしていると若い僧侶の方が、
空衣と如法衣を取りにこられます。
そして開式30分ほど前に、呼びにこられるのです。

廊下に並び、手を合わせて本堂へ向かいます。
そして、本堂と同じ屋根の下で続きながら、
隣接している不動明王の前に並んで、准胝観音の真言を唱え続けます。

いい加減、足も痺れたころ、本堂の外にある鐘が鳴らされ、
いよいよ得度式開式となります。


入堂、そして加藤住職の声明を頂き、
「氏神」「国王」「父母」にそれぞれ三礼、
次に洒水加持と剃髪(真似をするだけ)、
済んだ順に衝立で仕切られた不動明王前の控えの間に行き、
空衣を着せてもらい、指導の阿闍梨に髪を切ってもらいます。

  

今回、本当に剃髪をしたのは私だけなので、
皆さんは私が残したあたりの髪を1本ずつ切ってもらい、
私は房ごと切り落としてもらいました。
もっとも、それでも少し残りますから
「後で剃り落として下さいね」と言われました。

切った髪は、「周羅髪」「右髪」「左髪」と書かれた紙に包まれ、
白衣の袂に入れてくれます。

済んだ順にまた本堂の定位置に。
順次、如法衣の授与が進められていました。
授与された順に如法衣を世話役の僧侶に着させてもらいます。

  

  

続いて、僧名と加行用珠数の授与です。

  


この僧名については事前に自分の希望する名を、
小林阿闍梨を通じて加藤住職にお伺いを立てることができます。

真言宗でこれを何というのか知りませんが、
浄土真宗では「内願」といって、師僧から行ってもらうそうです。

  

そして沙弥(しゃみ、得度から具足戒授戒までの身分)戒をいただき、
最後に、戒師(加藤住職)、証明人など列席者に三礼して終わります。

この三礼に関して、前夜から言われていたのが
「左手に一連にして掛けられた数珠を落とさないこと」。
掌を上に向ける仏足頂礼から金剛合掌への移行がスムーズでないと、
立つ時に珠数を取り落とすことになります。

しかも空衣の袖は、袖の中で印を結んだりすることもあるため、
かなり長いですので、滑り落ち始めた珠数を止めることが難しい。

これにもコツがあります。
袖の上に掛けてくれる珠数ですけれども、
その後すぐ、さりげなく腕に直接掛かるようにしてしまうことです。
これで、滑り落ちを防止することができるはずです。


  

さて、式が終わって記念撮影。
そして部屋に帰って今度は両壇参拝です。
つまり、壇上伽藍と奥の院とに参拝するわけです。

渡された両壇参拝の次第書に従って、
各お堂の前で指定された真言、お経を唱えていきますが、
中に理趣経一巻とか、奥の院圏内では行きは「仏頂尊勝陀羅尼」、
御社での立義分など、まだみんなが唱えられないものについては、
略したり、他で代用したりしながら両壇参拝を終えました。

ところでここで注意。
得度式を終えてそのまま両壇参拝に行きますけれども、
緊張して得度式を受けているため、たいてい喉が渇いています。

しかし、如法衣を脱がずして飲食するなかれ。
もちろんこれは、折五条袈裟などの略式袈裟も同じです。
みんなで水を飲んでいたら、これは注意されました。

  

両壇参拝から帰って各々荷物をまとめ、
揃って食事に参りました。
食事の後、解散しそれぞれの世界に戻っていきました。

ご一緒に得度した皆様、そして小林阿闍梨、いろいろとありがとうございました。
また常喜院の皆様、なれない着付けなどのお手伝いありがとうございました。

今後も得度参加者が増えますよう祈念しております。

梵智 惇声