密教の身体観と修行法
身体は六大・三密


密教では身体は肉体から意識まで、粗大な身体(波動)と微細な身体(波動)で構成されていると考えています。
身体も心も一体であることを、六大無碍(ろくだいむげ)と呼びます。

現代社会は物質と意識が分かれていると考えていますが、密教では身体と意識は分離できないのです。
六大とは地水火風空(固体・液体・火エネルギー・気体・氣エネルギー=物質)の5エレメントで出来ている物質と、
意識エネルギーを合わせた6つの構成要素で出来ています。

大きな宇宙は6つの要素で出来ているのです。

小さな宇宙、個人の身体は、三密と呼ばれ、身口意(しんくい)の三つで出来ています。
心身相関の心と身体を結ぶものが、口になります。
口はエネルギーの通り道で、そのエネルギーを制御することも出来るのです。

口は・食物、・呼吸、・言葉のエネルギーが出入りします。
ジャンクフードの食事をし、胸呼吸による浅い呼吸で、悪口雑言を言っていたらどんな身体になるのでしょう?

世界は四つの曼荼羅


空海はこの世界を四つのマンダラで表しました。
個人の心が世界を作っています。世界はマンダラで表されます。

現象世界 = 言語概念エネルギー世界 + 形態エネルギー世界 + 霊的エネルギー世界 なのです。
これをギリシャ哲学では現象世界=ロゴス+エイドス+ミトスと述べています。

これらの六大・四曼・三密の身体観が密教の主要原則です。

ヨガでは肉体+エーテル体+アストラル体+コーザル体・・・と同じ身体観を提唱しています。
密教でも同じく、何種類かの身体を想定しています。

身体感覚器官の身体(五感=眼耳鼻舌身)+ 表層意識末那識(まなしき/個人深層意識)
阿頼耶識(あらやしき/普遍的集合無意識)+ 阿摩羅識(あまらしき/神意識)なのです。

この身体は肉体に重なり合って存在していますから、自分にこだわる心(エゴ)が強いと
末那識の身体が痛みを受けます。
また過去のカルマが強いと阿頼耶識の身体が病気となるのです。

身体と意識は相即相入(そうそくそうにゅう/同位置に・同時に存在)しているのです。

五段階の修行体系・五分法身


私たちは、死ぬと肉体を離れ、意識体(魂)だけになります。
私たちの意識は、肉体に縛られている事がわからないために、多くのカルマを作ってしまいます。

肉体の束縛から離れることを、解脱と言います。
密教では生きているうちに(意識が身体内にあっても)解脱が得られると考えています。

私たちの身体は如来の身体(五分法身)なのです。
その如来の身体を磨くために

・まず戒を守ります。身口意で作る、三業の悪を止め、善を修するのです。

・次に瞑想して、散乱する心を防ぎます。
 呼吸に意識を置き、思考(左脳=論理脳)に引きずられている意識を丹田に戻すのです。

・次に肉体に縛られている自分が、真実の自分でないことを知るのです。

 その結果として

・解脱があり、最後には

・解脱を知る心(如来知自心)が用意されているのです。

空海は『それ仏法、遥かにあらず。身を捨てて、いずく何んか求めん。
      迷(めい)・悟(ご)、我にあれば発心(ほっしん)すれば即ち至る。
      明(みょう)・暗(あん)、他にあらざれば、信(しん)・修(じゅ)、
      すればたちまちに證(しょう)す。』 と述べています。

《仏法の教え(ブッダ・ダルマ)は、どこか遠くにあるものではなく、あなたの心の中にあるのです。
 迷いも、覚りも自身の心によるものですから、此岸の価値観から離れ、
 彼岸の価値観に至る発心をすればすぐに覚れます。
 覚りという光や、無明という闇は自分の心の中にあるので、信じて修行すればすぐに覚れます。》

この三番目までの悟りの階梯を、三学と呼び、戒(かい/シーラ)、定(じょう/サマーディ)、慧(え/プラジュナー)と言い、
仏教の主要修行体系になっています。

真言密教では塗香により身を清めるときに、
『五分法身を磨耀(まよう)すと想え、戒定慧(かいじょうえ)、解脱(げだつ)、解脱智見(ちけん)なり。』と唱えます。

六段階の修行体系六波羅蜜


別の修行の階梯には、六波羅蜜(ろくはらみつ)があります。
波羅蜜とはパーラーミータ(彼岸に渡る)の音写語です。
この世(しがん/此岸)の価値観に執着する心を、彼岸(ひがん)の価値観に導こうとするのです。

・最初に布施(ダーナ)があります。布施は此の世の価値観に執着する、自分の欲望を捨てることが重要です。
 お金を修行者に差し上げることにより、達成します。
 日本語の「旦那さん」とはダーナする人の語源からきています。

・次に持戒(じかい/シーラ)があります。
 戒は十善戒と呼ばれ、不殺生・不偸盗(ふちゅうとう)・不邪淫(ふじゃいん)・不妄語(ふもうご)・不綺語(ふきご)・
 不悪口(ふあっく)・不両舌(ふりょうぜつ)・不慳貪(ふけんどん)・不瞋恚(ふしんに)・不邪見(ふじゃけん)になります。
 悪を断ち、善を行うことで達成します。

忍辱(にんにく/シャンティ)は人生の苦難を耐え忍ぶ人生修行をすることです。

・そして精進(ヴィリヤ)は仏道修行を飽きずに続けることです。

禅定(ぜんじょう/ディヤーナ)は瞑想修行を絶えずに実践することです。

智慧(ちえ/プラジュナー)はこの修行階梯により、解脱できるということを知ることです。

一度きりの人生パラダイムから
輪廻転生パラダイムへ


私たちは、「一度きりの人生パラダイム」を何度も繰り返し、転生を重ねています。
この人生を変えるには、戒を保ち、彼岸と此岸の価値観「輪廻転生パラダイム」を学び智慧を獲得し、
禅定をすることしか方法が無いのです。

空海は

   『無辺の生死(しょうじ)いかんがよく断つ、
  ただ禅那(ぜんな/ディヤーナ)正思惟(しょうしゆい)のみあってす。』

と述べています。