あなたは龍を見たことある?
                 
2011年11月18日、福島県相馬市桜丘小学校で、ブータンのワンチュク国王(31)は
「龍を見たことある?」と小学生に質問した。

小学生が言葉に詰まるとお后(21)を指して「ぺマも見たことがあるよ。」と続ける。

”I’ve seen the Dragon.” 「私は龍を見たよ。」

       

”There’s the dragon in each and every single one of us.” 「それぞれの心の中に龍がいるよ。」

”Dragon feed on experiences. ” 「龍はそれぞれの経験を食べて成長するんだ」

”It becomes stronger and stronger over the years. ” 「年を重ねるにしたがってその龍は強くなるよ。」

”We must always be in control of that a Dragon. ”「だから私たちは龍を制御しなければならないんだ。」



ジャーナリストは、喩えとしてこの言葉をとらえているが、本当だろうか?



認識が世界を作っているのだから、歌舞伎俳優、市川海老蔵には了解できないだろう。

彼は能科学者、茂木健一郎氏との対談で青森のリンゴ農家「木村利則」さんと出会う。

そこで無農薬・無肥料のリンゴを作った木村さんが、岩木山のふもとで龍を見た話をする。
そして海老蔵も「白昼に龍を見て、人生が変った。」と話をしだす。

海老蔵はその後、嫌いだった歌舞伎の稽古を励み、成田山で滝行や五体投地に精出すようになる。

修行に連れて行けと誘う茂木に、「修行は孤独でなければ意味がない。」
「団体行動ほど、人を弱くするものはない。」とばっさりと茂木を切る。



「あなたは龍を見たことある?」と高橋一天・阿闍梨に聞いたら、この写真を見せてくれました。

         


彼は、ガイア・ホリスティック主催の「思いやりのご来光」で、この写真を撮影しました。
天河弁財天の柿坂宮司の護摩修法の最中です。

「この世の次元は一つではない。=時間と空間は畳み込まれている」

この叡智が、奇跡を起す元になるのでしょう。