サンスクリット語から考える

 A glossary of Sanskrit from the Spiritual tradition


仏教の底辺に、インドのサンスクリット語が表現するスピリチュアルな世界観があります。

英語での説明を読み込むことで、思考する脳を強化することになるのです。




advaita
[a not;dva two]Non-dualism.the teachings which declares that all existance is One.

アドゥヴァイタ:非二元論。不二・一元論。「ではないとは言えるが、こうだとは言えない。」


avatara
[ava-tri to descend]the descend of God on earth.

アヴァターラ:映画アバターの元になったサンスクリット語。
神がこの世に降りてきた姿。権化、権現。徳川家康は権現様と呼ばれる。


avidya
Ignorance,spiritual blindness,illision

アヴィディア:無明、精神的盲目、幻想。ヴィディヤ(明)の否定語。


ahamkara
[aham I;kara maker]Self will,the ego mask,
the principle in man which makes him feel separate from others.

アハンカーラ:個人意識、エゴより作られた自我。
自分だと思わせて世界から孤立する原理。

ahimsa
Non-injury,non-violence implying an attitud of love for all createres.

アヒンサー:不殺生、生けるものすべてに対する愛(慈悲)を含蓄する非暴力主義。


Atman
The self, the seed of perfection hidden with in all creatures.essence.

アートマン:すべての生きとしいけるものの中に隠れている完全性。本質。
如来蔵。普遍的集合無意識。


ananda
Joy,Bless.

アーナンダ:喜び。祝福。


rishi
Inspired sage,seer.

リシ:勇気を与える賢人。預言者。


ekagrate
One pointedness,doing only onething at a time,concentrating upon a single object or task.

エカグラタ:エカ(一つ)、同時に一つのことしかしないこと。
一つの目的に集中すること。一指禅。


om or aum
A sacred syllable.it is uttered at the begining and end of prayers,
and is also used in the repetition of a holly name(mantram).

オーム:聖音。
祈りの際に最初や最後で呟かれ、繰り返される聖なる名前。(マントラ=真言)


karma
Action,former actions which will lead to certain results in a cause and effort relationship.

カルマ:業:行為。
過去の行為により導かれた結果と原因の関係。因果律。

kama
Desire,selfish desire,sensory craving.

カーマ:欲望。自我の欲望。物欲(眼耳鼻舌身の求める欲望)。


kala
Time,death.

カーラ:時間。死。カーラチャクラ(チベットの尊格)

kumara
Son;prince,Name of a son of Siva and Parvati who leads Siva`s force against evil.
(Karttikeya or Skanda)

クマラ:息子。王子。悪を退治する力をもたらすシヴァとパールヴァーティーの息子。
(カルケッティヤ、スカンダ=韋駄天)


chakra
name of the seven centres of consciousness which are described
as being strung along the spine whthin the sushumna chanal.
Ordinarily the force called kundalini.

チャクラ:背骨のそばの中央脈管(スシュムナー管)に沿って存在する、微細な意識の身体にある七つのセンター。
その力は、クンダリーニと呼ばれる。


chitta
Mind stuff.

チッタ:心の原料。


jnana
Withdom,higher knowledge derived from spiritual disciplines.

ジュニャーナ:叡智。修行者に与えられる高度な智慧。


duhkha
Pain,suffering,sorrow.

ドゥッカ:痛み。苦しみ。悲しみ。


deva
The shining one.

デーヴァ:光り輝く者。神。


dharma
That which is established;law;duty;justice;virtue;
the nature or essential quality or peculiar condition of anything;that which supports.

ダルマ:確立されたもの。法。義務。正義。徳。自然(じねん)の本性。


dhyana
Unbroken concentration,contemplation.The second stage of meditation duaring
which the mind is gradually brought under control.The mind is transcended
and the meditator realize experientially that he is not the mind,
but that the mind is the internal insturment.

ディヤーナ:不壊の精神集中。深い冥想。禅定。忘我の世界に入る冥想段階。
心が変容し、心は電気信号のパネルに過ぎないと知る気づき体験。


nama-rupa
name and form

ナーマ・ルーパ:名色。名前(コトバ)と形により認識された幻想の世界。


nirvana
[nir out,vana blow] Extinction of self will,Self Realization.

ニルバーナ:自我意識の消滅。ハイヤーセルフ体験。


padma
Lotus,another name given to the centers of consciouness(chakras)
because they are often described as containg lotuses.

パドマ:蓮の華。チャクラの別名。しばしば周りを囲まれた形で述べられている。 
高野山は八葉蓮華の形に喩えられる。


para
Transcendental,supreme;spiritual wisdom(as opposed to worldly konwledge.)

パラ:般若・波羅・・・・超越した智慧。(煩悩の反対語)


puja
Honor,worship in the form of ritual.

プジャ:儀礼。(ホジャ)儀式による供養。


prajna
true or trnscendental wisdom. a higher mode of knowing.

プラジュナー:般若(パンニャ〜)の智慧。


pradakshina
Working around a temple or image clockwise as a form of worship.

プラダクシーナ:右廻りの修行法。法隆寺の回廊はそのためにある。
カイラス山をチベット人は右回りに廻る。昔は五重塔の周りも廻っていた。


prana
Breath of life, vital energy,capacity to the desire and love.

プラーナ:氣を吸う呼吸、生命力、欲望や愛の容量。


Buddha
[budh to wake up,to understand] The awakened one,
the enlightened one,name of an illumined man born in 560B.C.in North India
whose family name was Gautama.

ブッダ:目覚めた人、覚者。
紀元前560年に北インドで生まれたゴウタマ家の光貴な人。


buddhi
wisdom,mental attiude, understanding.

ブッディ:菩提:智慧、心の状態。理解力。


moksha
Liberatons from th cyle of birth and death, complete freedom, salvation.

モクシャ:生と死の輪廻のサイクルからの離脱。完璧な自由。魂の救済。


yama
Self control.refraing from actions words and thoughs which harm others and which are selfish
(the first step of Patanjali Yoga)

ヤマ:セルフ・コントロール。自我により他者を傷つける行為やコトバを慎むこと。


Yama
Name of the King of Death

ヤマ:死をもたらす王。閻魔大王。


Yoga
Union,spiritual union. a method of attainng union with Lord, a path to Self Realization.

ヨガ:統合。精神的統合。神との一致を得るメソッド。自我の目覚めの道。


santi
Tranquility,perfect peace, calmness of mind.

シャンティ:精神安定。完璧な平安。心の静寂。


samsara
the cycle of birth and death.the flux of life.

サンサーラ:生と死の輪廻の輪。流転の人生。


satya
Truth ,reality.

サティヤ:真実。本質。


samadhi
[sam with;adhi Lord] union with the Lord,deep concentration in which the mind bocomens still
and is transcended. in this state a higher mode of knowing is experienced and the dualty of subject and object disapperes.
Union with the Lord,Self Realization.

サマーディ:神との統合。心が統一し、超越する集中する状態。
高次元の認識により、主体客体の二元論的認識が消滅する体験。神との統合。高次の自我の認識。


sadhu
A holy man,sage.
サドゥー:聖者。賢者。哲人。


siddhi
A super-normal power(such as precognition)
シッディ:異常な力。(事前認知。心霊現象による予知。)


sphota
Sound,vibration,The word according to the theory of vibrations
this is the subtle stuff out of which the phenomenal world has emanated.

スポタ:音、波動、言葉。現象世界の奥に潜む波動論理による言葉。
言霊。