さんきえもん
三帰依文

 

    じ き え ぶ       とうがんしゅじょう    たいげ だいどう    ほつむ じょうい
自帰依佛 當願衆生 體解大道 発無上意

   じ き え ほう      とうがんしゅじょう   じんにゅうきょうぞう   ち え にょかい
自帰依法 當願衆生 深入経蔵  智慧如海

   じ き え そう      とうがんしゅじょう   とうり だいしゅう     いっさい むげ
自帰依僧 當願衆生 統理大衆 一切無礙


自ら佛に帰依し奉る。まさに願わくば、衆生と共に、大道を體解して、無上意を起こさん。

自ら法に帰依し奉る。まさに願わくば、衆生と共に、深く経蔵に入りて、智慧・海のごとくならん。

自ら僧に帰依し奉る。まさに願わくば、衆生と共に、大衆を統理して、一切無礙ならん。


パーリー語・三帰依文

ブッダム・サラナム・ガッチャーミ
ダンマン・サラナム・ガッチャーミ
サンガン・サラナム・ガッチャーミ


仏教徒はまず、人に言われるのではなく、
自ら仏の智慧によりどころを見出し(帰依=refuge=一時的に避難する)ます。

そして自分だけでなく、多くの人々と共に(衆生)覚り(大道)を得る決意(発無上意)を宣言します。

次に現象(法=起こっている出来事)によりどころを見出します。

そして自分だけでなく、多くの人々と共に、経典に書かれている思想を学び、
海のように大きな智慧を身につけます。

そして最後に修行者仲間(僧伽=サンガ=スピリチュアル・コミュニティ)によりどころを見出します。
多くの人々と共に、一切の私心なく、世界の人々(大衆)を覚りに導こう(統理)と宣言します。
 
高野山・真言宗では朝の勤行に際し、経典読授の前後に三禮をしながら、
この文を唱え仏教徒であることを宣言します。