パドマ・サンバヴァの真言
〜密教気功〜

チベットに密教を伝えたのは、パドマ・サンバヴァ(蓮華生)という人です。

別名をグル・リンポチェと呼ばれチベット人に尊敬されています。

日本では空海が、彼と同じ地位にいるのでしょうか。


               

2月10日はグル・リンポチェの日とされており、密教気功講座では彼のマントラを唱えながら、気功を行いました。

オーム アー フーム ベンザ グル ペマ シッディ フーン
の真言にメロディを付けながら、詠うように歩きます。

実際の発音は「おーまーほーん」というようになりますが、意味が消えてしまうので、
とりあえず上記の文字で憶えてください。

オー・アー・ホーンとは身口意のことであり、中国では精・氣・神という三のシンボリズムになります。

ベンザとはヴァジュラ(バジュラ)のことであり、あらゆる戯論を断ち切る力としての壊れない、
ダイヤモンド(金剛石)の意思のことを指します。

グルとは先生のことです。

ペマは蓮華(パドマ)のことであり人間は蓮華部に属しているとチベット仏教では考えています。

シッデイは成就とか、成果という意味です。

フームとは「かくあれかし」・・という意味で未来の事象を現在形で祈る言葉です。

総合すると、あなた自身の祈りをこのマントラを唱えることで
「磁石に鉄くずが引き寄せられるように」成就すると信じられています。

それはこの真言が、十二支縁起のそれぞれに対応し、
唱えることで釈迦と同様の功徳が与えられると信じられているからです。



別の説明では・・
      
顕・外 密・内 極秘
オーン  色  法身・阿弥陀 気・普遍的な生命
アー 報身・観世音 光明・明知
ホーン 応身・蓮華生 空・般若の智慧
ベンザ 不二 金剛性 不滅・阿弥陀 法性・不変観
グル 方便 純粋性 不汚・観世音 報性・無無明想
ペマ  慈悲 蓮華性 不濁・蓮華生 応性・慈悲法
シッディ 成就 無障害 不凶・幸運性 菩提心
フン 悟り 覚醒性 不欠・完璧性 仏性


また別の説明では・・

十二支縁起・・これらの縁起を浄化する、それぞれの音
                    by ソギャル・リンポチェ(チベット死者の書)

オーン 無明=過去世の無始の煩悩
アー 行=志向作用
フーン 識=識別作用
ベン 名色=物質現象と精神現象
六処=感覚器官
触=感受すること
受=感受作用
愛=渇愛
取=執着
シッ 有=存在
ディ 生=生まれること
フン 老死=老いと死

           
・・となるのです。

あなたも「オー マー ホー ベンザ グル ペマ シッダ フーン」を唱えてみませんか!!

あなたの状況が行き詰った時、このマントラを唱えながら五体投地を108回すると、
どんな困難にも打ち勝てると考えています。

日本では、南無大師遍照金剛という真言になります。

       
         (文献提供:スティーブン・鷲峰・コーミー先生)




オーアーホーンのチベット語