本当にあった怖い温暖化

厳しい温暖化ガス排出削減に各国が取り組む「京都議定書」が発効した。

削減に熱心なヨーロッパ諸国には、地球温暖化がヨーロッパを暖めている暖流に影響を与え、  
寒冷化させるという仮説があるから・・・。

北大西洋では、南から来た暖かくて塩分濃度の高い海水が、
北極付近の寒さによって水温が下がり、海底に向かって沈む。

その沈み込みによって、南からさらに暖かい海水がやってくる。
沈んだ海水は海底に沿って南に戻る。

温暖化が進むとこの大循環が止まる可能性がある。
氷河や氷床が溶けて淡水が北大西洋に流れ込むと、塩分濃度が低くなって比重が小さくなり、
沈み込みが起こらなくなるかもしれないのだ。

北半球の高緯度地域では、1960年代から10年ごとに0.6度ずつ気温が上がっている。
氷に覆われている面積は、10年ごとに4パーセントずつ小さくなっている。
過去にはもっと激しい気温の上下があった。<中略> 

文明を滅亡させるほどの気候変動は、数え切れないほど起きている。
メソポタミア文明やインダス文明は、気候の乾燥化と、森林の破壊によって滅亡したらしい。

東京都立大の福沢教授(環境変遷学)によると、農耕の始まりや産業革命は
寒冷化への対処といわれている。

朝鮮北部から沿海州にかけて栄えた渤海国は、1100年程前、
急激な寒冷化によって滅びたと考えられている。
同じころメキシコのマヤ文明は、大干ばつで滅びた。

大変動に現代文明は対処できるであろうか。実はかなり心もとない〜。


                                                        (2005年2月22日 東京新聞20面より抜粋)

最近の異常気象は、この海水の大循環が変化してきているからだという。

人間にとって、より楽な生活をすることで、高エネルギー消費社会となり、
その結果温暖化が起こり、環境や気候の変動が起こり、人間を苦しめる。

地球は開放系で、つながっている。
仏教ではこの現象を、因果律(原因があるから結果がある)という。

意識も同じだ。

高エネルギー消費社会を持続させるために、イラクの石油が必要なアメリカが戦争を仕掛けた。
その後ろに従っている日本が、自衛隊をサマワに派遣している。
イラクにいる人々の(アメリカ人であれ、イラク人であれ)死亡には日本人も関連している。

心(無意識)はつながっている(開放系)。

表面上(意識)はイラクのことだ、他人のことだと割り切っていても、
死亡事件が起こると無意識が反応し、穏やかではいられなくなる。

仏教ではこれを自他不二(自分と他人は分けられない)という。

意識の奥底でつながっているのが、人々の無意識。
心理学者ユングは普遍的集合無意識という。
仏教では阿頼耶識(アーラヤ識)という。

あなたが何回もの人生を繰り返し、その魂が多くの人生体験の、
その情報を宿している蔵(アカシックレコード=虚空蔵)。

人間である限り、誰もがDNA(人間の遺伝子)の運び屋。

あなたは、果たしてメソポタミア人やマヤ人だったころの記憶を取り戻せるだろうか?

そしてこの崩壊(アセンション)を高次のものへと変化させることが、できるのだろうか?