摩尼宝珠気功


半跏趺座ですわり、背筋を伸ばします。

左手を丹田の前、その10センチ程上に

摩尼宝珠水晶を乗せた右手を重ね胸の前に置き、

労宮(手のひらの中心)を合わせます。



息を吸うと、気エネルギーが水晶上部の先端より入り

右手の労宮を抜け左手まで届きます。

呼吸を繰り返すうちに、右手と左手の間に気のボールを感じるようになります。

呼吸する中心を、水晶の先端から会陰に移します。



気エネルギーは宇宙の上部から降り注ぎ、

頭頂で分かれ身体の周辺を摩尼宝珠のように包み込み、

会陰から頭頂へ登っていきます。




呼吸を繰り返しているうちに周辺の気は輝き始め、

会陰から入る気は細胞を活性化させ快感を生じさせます。

宇宙エネルギーの降り注ぐ天(オン)と不動の大地(フーン)を想像してください。

その間にあるのは、右手に乗っている摩尼宝珠(マニ)と

左手の意味する蓮の花(ペメ)。

「オン・マニ・ペメ・フーン」と真言を唱えてください。

マントラのバイブレーションは微細身を浄化するのです。


水晶摩尼宝珠を下の左手に移します。

右手に、小型の金剛杵を垂直に立てて持ちます。

【金剛杵の持ち方】


 人差し指は金剛杵に添えて
 親指と共に立たせるか、
 一本指にして離して下さい。

金剛杵をイメージで、自分の会陰に置きます。

遥か天の上部に、光り輝く巨大な天球をイメージしてください。

自分の身体(会陰から頭頂に続く中脈)を
金剛杵ロケットの発射台だと思って下さい。

人差し指と親指で実際の右手金剛杵を支えながら、
深い呼吸を4〜5回繰り返します。

心が静まったところで、「オーン・アー・フーーン」
という真言と共に、ロケットを発射します。

中脈を静かに昇っていったロケットは、頭の殻を突き破り、
空中に踊り出ます。




強力な推進力を持つ金剛杵ロケットは地球の引力圏を静かに離れ、
宇宙空間に突入します。


虚空の闇をつきぬけると天の上部には
光り輝く巨大な球体が存在しています。


球体の表面に突入し金剛杵の先端が球体に触れると、
ロケットの軌道を通って光が自分の頭頂に降り注いできます。


殻が壊れた頭頂から会陰に向かって次々に光は降り注ぎます。




光の波動は中脈からあふれ細胞を振るわせ、
全身に快感が伝わります。

会陰からあふれた波動は摩尼宝珠の形をして
身体の外側を包み込みます。

天球からのエネルギーで満たされたあなたの身体は光り輝き
快感に包まれるのです。


しばらくはこの状況を楽しんでください。



さて、金剛杵ロケットを帰還させましょう。

目を開けていられないような、まぶしい光の球を脱出し、漆黒の闇に入ります。

暗闇の先に薄明かりが見えると、上空に緑に包まれた地球が発見できます。

音もなく地球に近づくと、もうあなたの頭頂の上です。



割れた頭の殻から中脈を通り、もとの会陰の位置に着陸します。

右手の金剛杵を置き、左手の水晶球を右手に持ち替えてください。


真言「オン・マニ・ペメ・フーン」を4〜5回心で念じ、
最後に自分にだけ聞こえる程度の音で唱えて終了してください。