丹田呼吸
湧泉呼吸法

直立し、イメージで尾骨に直径15センチ程度の
風船のような気のボールを作ります。

足の裏(湧泉)より気を吸うと、
地面から気が足を登り尾骨の気のボールまでやってきます 。

ボールは徐々に膨らみ、吐くと徐々にしぼみます。


湧泉の位置

この呼吸を繰り返すことにより、気が丹田で発生します。

歩きながらでも試してみてください。