球体観察法(1) [月輪観]



足は半跏趺座、手は禅定印にして
座ります。


前に大き目の水晶球を置きます。


まず胸の中央に、芥子粒のような
光の点を作ります。




丹田呼吸(腹式呼吸)をするうちに、
光の粒は輝きを増し、
ソフトボール大の球体になります。



吐く息に意識を置きながら
ぼんやり観察を続けると


輝く光りはしだいに大きくなり、
身体全体を満たし


あなたを包む月のようになります。



静かな白い月の光に浸されて、包まれて

あなたの心は穏やかになります 。



この状態をしばらく楽しんだら、
徐々に光を小さくしていってください。



光はソフトボール大になり、
ビー玉のようになり、
芥子粒のようになります。



この光を丹田に降ろします。



光は最後に鋭く輝いて
目の前の水晶に溶けこみます。