華厳の宇宙観

インド宇宙詩
宇宙の生成


宇宙の根源、存在の根源はビシュヌである。

ビシュヌはあらゆる感覚を越え、しかもあらゆる空間、あらゆる時間、存在物に偏在している。

ビシュヌとは浸透するという意味でもあるのだ。
ビシュヌはまた至高の存在「梵」(ブラフマ)でもあるのだ。

ブラフマは純粋精神(プルシャ)の形態をとって現れ、つぎに未展開者・展開者として現れる。
そして最後に「時輪=カーラ」の形態で現れる。

これら四つの形態が、生成、維持、消滅の基体となる。

これら四つのいずれでもあるビシュヌは子供が「遊戯」(リーラー)するように
宇宙の創造を司るのである。

未開拓者は「根本原因」(プラダーナ)とも「根本原質」(プラクリティ)とも呼ばれる。

それは細微なるものであり、有をも含み、無をも含み、三つの特性(グナ)からなり、
世界の子宮(ヨーニ)である。生じたものはすべてそこに戻っていく。

神の顕現である「時間」は無始無終で、この時間から生成、維持、消滅が展開する。

ただし根本原因の三特性が平衡し、「根本原質」が「純粋精神」から離れている間は、
「時間」であるビシュヌは静止している。
・・・・・・・


「華厳の数論」の講座にて。
久しぶりに華厳を見つめると、現代物理学と密教の接点が浮き上がってきます。

言語は幻想を作る・・として言語否定に走った仏教が、
華厳の論理を通して「言語・実相」に戻ってきているのです。

華厳は、インド哲学・ヴェーダンタの世界観です。
波動方程式を生み出した物理学者シュレディンガーの思考原理なのです。