勝手な降霊(チャネリング)で困っていませんか?

成就法と交霊法

ツアー「ネパールの祈祷師を訪ねて」を何回か企画してきました。
ネパール・チベットや日本の宗教の歴史を見て、神仏とのつながり方は2種類あると思いました。

修行を通して自我をはずしていく方法が成就法です。

チベットや日本の密教のお坊さんがこのやり方です。
つながるまでに時間がかかりますが、行程が明確です。

それとは別に突然神が降りて来るのが交霊法(チャネリング)・降霊法(勝手なチャネリング)です。
歴史的にはイタコの口寄せなどがこの方法です。
ネパールのディヨマーもこのタイプです。どうも女性が多いようです。
彼女らは神秘体験の後に、お寺に行き、修行をしてヒーラーになります。

男性は自我が強いため、なかなか自我をはずせないのでしょう。
ところが女性は出産などで生や死を見つめるせいか、自我が薄くなるようです。

人間は自我をはずすことで、神仏とチャネリングするのです。
私自身は岩登りの最中の遭難体験で、自我が外れる経験があります。

交霊法で気をつけなければいけない点は、どのような神仏と交霊しているかということです。
交霊者の意識や状況により、低次の霊と交霊する場合もあります。

この判定をするために審神(さにわ)が必要になります。

審神は宗教学を学び、降りてきた神を特定するだけの教養が必要です。
真言宗の佐伯泉澄先生は「真言宗の僧侶こそ審神にならなければならない。」という説を持っています。

というのは仏教の中でも浄土宗、浄土真宗などは輪廻や霊魂はないと考える傾向にあります。
しかし密教にとっては輪廻転生と霊魂の存在は欠かせないのです。

映画「セブンイヤーズ・イン・チベット」ではダライ・ラマの死後、新たに転生する場所を見つけるために、
男性のネェチュン(祈祷師)が鈴を着けた衣装で踊る場面があります。

鈴の音でハイになりチャネリングする方法は、ヒンドゥー教の祈祷師ザクリも
「たすき」にたくさんの鈴を付け、太鼓を叩きながら踊り狂います。
また神道の巫女も鈴を使って神を呼び寄せます。

国は違っても神仏とコンタクトする方法は同じなのです。

時代が末期的な様相を見せてきました。
このような時代には交霊する方が増えてきます。
縛られていた過去のパラダイムが崩壊し、新たなパラダイムが求められているのです。

それまではこう生きるべきだというフレーム(パラダイム)がありました。
今は何でもありの状態になっています。

「内在する神、ハイヤーセルフとの対話」。
このようなチャネリングの体験は、このような時代に確信を与えてくれる歓喜の体験です。

しかし思いもかけないときに神仏(ハイヤーセルフ)はやって来るので、
日々の生活をすることが難しくなります。

そこでネパールではお寺に行き、修行の後にヒーラーとして活躍させるのです。

残念ながら日本のお寺にはこのようなシステムがありません。
審神としてトレーニングした阿闍梨・小林宗次郎がご相談に乗ります。

お困りの方はご一報ください。