不動明王交霊会
那須道場に於いて、護摩焚きと不動明王交霊会がありました。

何かおどろおどろしいネーミングですが、別にあやしくはありません。(あやしいか?)
この回の参加メンバーは定例会レギュラーばかりです。
   

折り畳み式護摩壇を組み立ててセッティング、小林さんは僧衣を着て、
護摩焚きをします。
願い事を書いた棒(何か名前があるはずですが忘れました)を燃やしていきます。

始まる前に、みんな煩悩丸出しの願い事を書いたのでした。
こんなことが果たして叶うのでしょうか。
それとも、炎で焼き尽くされてしまうのでしょうか。

儀式が一通り終了すると、今度は不動明王のマントラを唱えながら、
太鼓を叩き、錫杖を打ちならします。

さあ始めよう、という時に、落としていた照明が、
誰もスイッチを触っていないのにふぅっと明るくなりました。
さあ、誰がスイッチを触ったのでしょうか。

   

もう一度照明を落として開始です。

太鼓を叩いているのはM君、手前にあるのは音に反応して光るプラズマの置物です。
途中、休憩を入れて位置や役割をチェンジしました。

マントラを唱えながら、太鼓や錫杖の激しい音にさらされていると
やがて、左脳が壊れて、聞こえないはずの音も聞こえてきます。

途中、護摩壇の横に置いたお椀が飛んで、きれいに重なっていたり
小林さんが目撃したところによると、ろうそくを乗せたお皿が、段を「降りた」そうです。

不思議現象も起きた面白い体験でした。

こういった儀式や行為は、見ているとすごくあやしいのですが
やっていると、気持ちが良いものなのです。

入り込んでいる時の高揚感。いつもと違う意識状態。

それは基本的に「祭り」なのです。
世界中のどんな民族も、そうやって神と交信してきました。
そう考えると、何もおかしいことではないですね。

ふだんの日常や常識を壊すところから、また違う意識が生まれてきくるのです。


      
 ちなみに、私の描いた白猫観音も参加しました。ありがたやありがたや。