あなたも観自在菩薩
白い雲と一枚の紙

 「あなたはここにある白い紙の中に、ポッカリ浮かぶ白い雲が見えますか?」

ベトナムの僧侶、ティクナット・ハンさんの「般若心経〈ハート・スートラ〉」は、こんな書き出しで始まります。
「見えません。」とあなたは答えるでしょう。

ミルという言葉には、二つの漢字があります。
見る〈肉眼で〉と観る〈心眼で〉です。

白い紙の上に白い雲が、肉眼で見えたらすぐに眼科か精神科に駆け込んでください(笑!!)

「観る」は観察するということです。
質問を変えると「白い雲なしに、この一枚の白い紙は存在することが出来ますか?」ということです。
あなたは「分かりません。」と答えます。

ではお答えしましょう。

一枚の白い紙は、紙になる前は木、樹木として存在していました。
樹木には水が欠かせません。
その水はどこから来ましたか?

そう、ポッカリ浮かぶ白い雲なしには、一枚の白い紙は存在しないのです。

でも実は、木を切る木こりのエネルギーなしには、運んでくるトラック運転手のエネルギーなしでは、
太陽のエネルギーなしでは、一枚の紙はここに存在できないのです。

すべての物質は関わり合って、いまここに存在しています。
単独で勝手に存在しているものなどないのです。

それを「すべてはひとつ」と言うのです。

一枚の紙の中にさえも、さまざまなエネルギーが存在しているのです。
その存在の状態を仏教用語で一如〈一つのようなもの〉といいます。

この観察が出来る人のことを「観自在菩薩〈自由に観察できる人〉」と呼びます。

一如の世界とは真如〈本当の〉の世界なのです。

言語概念世界の住人

でも一枚の紙を見て、すべてが含まれているなんて考えません。何故なのでしょう?

それは、私たちは、言葉の世界〈言語概念リアリティー〉に住んでいるからなのです。

一枚の紙を見て、水の存在や、雲の存在や、太陽の存在・・・・などと話している時間はありません。
だから「一枚の紙」と言っているうちに、独自に存在しているように思えてしまうのです。

言葉は一如の連鎖を断つのです。

言葉は一如〈真如〉の世界から言語概念の世界に私たちを導いてしまうのです。

真如の世界を差して、禅では不立文字〈ふりゅうもんじ=言葉に表せない〉、
密教では言説不可得〈ごんせつふかとく=言葉では得られない〉と言うのです。

言葉を発するということは、言語概念の世界を創っているということです。
その言葉はあなたの意識〈心〉と無意識〈魂〉が作っています。

あなたの認識が言語概念の世界を創っているのです。

言霊とは言葉のこのような働きを言います。
言葉を発すると、そのものが存在してくるのです。

インド哲学では「〜だ。」というと幻想が生じるので、
「〜にあらず。〜にあらず。」という否定語でしか真如はあらわせないと考えています。

思考を停止させる言葉

支配構造が言葉のこの作用を利用して、情報を流しています。
私たちは何度も同じ情報を与えられると、当たり前だと思ってしまい、思考停止に陥ります。

かっては「尊皇攘夷」と言う言葉を勤皇派が使いました。
明治政府となった時には、攘夷などすっかり忘れて、西洋文明を取り入れ鹿鳴館などの西洋かぶれに走りました。

「非国民」という言葉は戦前の軍隊が流行らせた言葉です。
「赤狩り」はアメリカで共産主義者否定のマッカーシー旋風を引き起こしました。
そしていま「テロ」という言葉が思考を停止させる言葉として使われています。

途中にある無数のグレーゾーンを無視して「あれか」「これか」と考えることはたいへん危険なことです。
このような思考法を二元論といいます。
そして残念なことに私たちはマル・バツ採点の教育を受けて、二元論的思考法に洗脳されています。

真如の世界に住むためには、認識方法を改め非二元論の思考法に切り替えましょう。
その非二元論の思考法の奥に密教的思考法があります。

密教的思考法

非二元論の思考法は、二元論の思考法をよく観察するところから始まります。

密教では魂〈無意識〉は輪廻すると考えていますので、自分の魂(アートマン)を深く見つめることで、
人類の普遍的集合無意識(ブラフマン)に入っていけることが出来ると考えています。

梵我一如の考え方です。

輪廻する魂の一部として、今ここに存在しているのですが、
前世のことは、忘れているだけであって、私たちは全人類のすべての体験を共有しているのです。

その普遍的集合無意識の名前を虚空蔵(アーカーシャ・ガルバ)と呼びます。

空海は虚空蔵・求聞持法により抜群の記憶力を得たとされます。
彼はお経の中で「前世に釈迦の元にいて話を聞いていたから、般若心経の意味を知っている。」
と前世体験を語っています。

また「宇宙は本箱である」と述べているのも虚空蔵の宇宙に入り込んで、過去や未来を体験したからなのでしょう。

密教では悟りを得るとは、この世界に入ることを差します。

胎蔵界曼荼羅には上部にこのシンボル、燃え上がる三角形(一切智印)が描かれています。
即身成仏とは一切智を得ることなのです。

一緒にマントラを唱えて人類の集合無意識、虚空蔵に入りませんか?