メジュゴリエに招かれて・2
メジュゴリエ巡礼記


2006年5月23日から30日まで、ボツニア・ヘルツェゴビナのメジュゴリエへ巡礼の旅をしました。
オーストリア航空でウィーンから首都サラエボに着くと、
大柄なクロアチア民族のクラウディアと、屈強そうな運転手のアントンが迎えにきていました。

サラエボからミニバンで2時間半、話しの大好きなクラウディアとおしゃべりをしながら、
彼女の実家でもあるペンションポルタに向かいました。
その日の到着は、深夜12時近くになりすぐにベッドに横になりました。

翌朝、周辺の農家から一番鳥の声が聞こえてきました。
ペンションに沿って這えている大木からは、小鳥たちの声が聞こえ始めました。
窓を開けてベランダに出ると、一面のブドウ畑の奥に、白い教会が尖塔を一本だけ天に向けています。

写真で見慣れた日本の尖塔でないので一瞬戸惑いました。
教会の真横なので、奥にもう一本の尖塔が隠れているのです。

『偉大すぎる真理は隠される』」と言う言葉を思い出してしまいました。

教会の奥には、なだらかな山が広がっています。
右の山の上には十字架がかすかに見えています。

あそこが十字架山なのでしょう。空の広い、のどかな田園風景です。
 
教会周辺の賑わいまでは、ブドウ畑の間に続く道を、遠くに教会を眺めながら15分あまりの散歩です。
今日の、英語のミサは10時からです。教会前には世界中の人々が集まってきていました。

人々に混じって教会の中にはいると、近代的な(飾り気のない)巨大な空間が待ち受けていました。
司祭の方々が壇上に参集し始めています。
正面右手には、聖母マリアの彫像が置かれ人々が祈り始めています。

    
 

ミサの祈りは、いつものように過ぎ、周辺に座っている人々と握手やハグを交わし始めました。
白人系の太ったおじさん。白髪のやせたおばさん。黒人の太ったおばさん。
握手しながら、アイ・コンタクトをしているうちに、感激が目頭を潤ませ始めました。

みんな平和を望んでいて、世界の各地から集まってきているのです。
ここは、人種の曼荼羅なのです。

「みんな違って、みんな良い。」金子みすずの歌が、実践されている一刻でした。
自分が東洋から来た「黄色いおじさん」だということも忘れてしまっていましたが・・・。

六人の子供たちが、聖母マリアを見た丘は「ご出現の丘・The Hill of Apparition」と呼ばれています。
下にブルークロスとマリア像、上にはマリア像があり、多くの人々が気軽に来ては、瞑想や祈りを行っていました。











私たちも世界から訪れている人々と共に、ゆったりとした瞑目の時間を過ごしました。

今の世界の混乱を止めるには、瞑目、瞑想、祈りしかないのではないでしょうか?

     



翌日は早朝より十字架山登山です。
登山口までタクシーで行き、歩き始めました。

ごつごつした岩の上を何歩か歩くと、革靴がそろえておいてあります。
「なんじゃこれは?自殺したのではあるまいし・・・?」
不思議に思いながらも歩みを進めました。

山頂に大きな十字架があるこの山は、イエスが十字架の上で処刑された状況を追体験する修行の場になっていました。
頂上までの途中に14本の十字架があり、そこで祈りを捧げながら登ります。

下山する人々にすれ違うと、一部の人が痛々しそうに歩いているのを見て気付きました。
靴を履いていないのです。









 
魂が真の存在で、肉体(五感・煩悩)は仮のものに過ぎないのですから、
五感(眼・耳・鼻・舌・身)の誘惑や苦しみを遮断しないと、真の神性は得られないのです。

一定期間の断食や瞑目は五感が喜ぶものを遮断することになります。
そしてこの場所では、足の痛みとの戦いなのです。
 
日本でも、水行や滝行、茶断ち、塩断ちなどをして、神仏と一体になる(神仏のメッセージを受ける)修行法があります。
自己犠牲を超えてこそ、聖なるものとのコンタクトが可能になるのです。

          

祈りの言葉の代わりに、般若心経をあげながら、13本の十字架をクリヤーしました。
1時間ぐらいの時間がかかりました。
澄んだ青い空と、白い十字架が見えてきました。

    

20人ぐらいの白人系の集団がリーダーの合図で、十字架を仰ぎながら祈りを始めました。
十字架の下では、ひざまずき祈りを上げる人々もいます。

アフリカ系の集団が頂上近くにやって来ました。
若者が多いこの集団を、私たちは先ほど追い抜いて来たのです。

頂上直下の岩場には手すりが十字架を(天を)目指すように伸びています。

次々にその道を歩み始めると、素足で歩み続けてきた黒人の若い女性も、
しっかりと十字架を見つめ、心の中の存在と語り合っています。

         

彼らの何人かが、突然四つんばいになりました。
赤ちゃんのようにハイハイしながら歩み始めたのです。

彼らの背中には、目に見えない十字架が背負われていました。
黒人として生まれたという、カルマ(ハンディキャップ)の十字架です。

      

そばの若者は十字架をじっと見詰め、静かに歩み続けます。

祈りは個人のものなのです。
どのように祈ろうと、その人が神と対話しているのです。

  異端とされるグノーシス思想(死は成仏)   


ユダの福音書

メジュゴリエまで来る飛行機の中で「ユダの福音書を追え」(ハーバート・クロスニー著)を読むことが出来ました。

コプト語で書かれた、異端とされるユダの福音書によると、イエスを裏切ったとされるユダは
「イエスが言いつけたことだけを行い、イエスの言葉に耳を傾け、最後までイエスに忠実だった。」と言うのです。

ユダはイエスが成就(死)のために選んだ道具だったと言うのです・・・・。


イエスはユダに言った。

「(来なさい。)いまだかって何人も眼にしたことのない(秘密)をお前に教えよう。
 それは果てしなく広がる永遠の地だ。そこには天使たちでさえ見たことがなく、
 あまりにも広大で、目に見えず、いかなる心の思念によっても理解されず、
 いかなる名前でも呼ばれたことのない『み国』がある。

二人だけになるとイエスはユダにこう告げる。
「お前はそこ(み国)に達することは出来るが、大いに嘆くことになるだろう。」

ユダは聞く。
「そういったことについてあなたはいつ私に教えてくれるのですか?」

イエスは謎のごとく立ち去ってしまう。

        ----------中略-------------

「お前は真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になるだろう。」

イエスは自分を引き渡し犠牲となるようユダに求めているのだ。
そのわけは徐々に明らかになっていく。

イエスの地上における人としての生は、うわべだけのものに過ぎない。
その人間はうちに存在する霊を、覆い隠す衣装のようなものである。
イエスは永遠なる存在であり、より高次の神の一部である。
人間とは異なる偉大な存在であり不滅なのだ。・・・・・・・。

「見なさい、前にも告げたように雲とその中の光、それを囲む星星を見なさい。
 みなを導くあの星が、お前の星だ。」

こうしてユダは自分の特別な立場を確信する。
そして重大な瞬間がやってくる。

『ユダは眼を上げると明るく輝く雲を見つめ、その中へと入っていった。』

この描写はユダが変容する様子を表しているのだろう。

『ユダの福音書』より抜粋

ナグハマディ文書

ユダの福音書発見の前には、1945年エジプトのナグハマディから発見されたナグハマディ文書があります。
これはグノーシス主義の思想を述べたテキストを含んでいます。

グノーシスとは、知識を透して救済の道を示そうとする、神秘主義的な宗教運動で、
自己の本質を知ることで、神を認識できると考えています。

この特徴は以下の通りです。

・ 人間は神である。

・ 瞑想などの行を通じて、自らを知ることにより、内在する神とめぐり合える。

・ 自らを愛し、他者を愛し、すべてを受け入れる愛がなければならない。

・ 死は存在しない。死はより高いレベルへの移行である。

・ 大いなる自己は、オーバーソウル、アートマン、キリスト、内なる神、神性自己と呼ばれる。

・ 人が生まれる前から、それぞれの大いなる自己を補助し、
 より高次の目標に向かって歩むのを助ける、指導霊が選ばれている。

このテキストをもとに、ニューエイジの思想が花開いたのです。


嘆異抄と親鸞

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の世話係だった唯円は、先生が人々に説いている浄土について、疑問を持っていました。
あるとき恐る恐る先生にお伺いを立てたのです。

唯円:「え〜、先生。え〜。お伺いしたいことが、え〜あるのですが?」

親鸞:「なんだい、改まって?妙に神妙だね。もじもじしてないで言ってごらん。」

唯円:「え〜、先生が素晴らしいとおっしゃっている、お浄土なのですが・・・。」

親鸞:「それがどうしたのかな?」

唯円:「いや〜、いいところなのでしょうが・・・私はぜんぜん行きたくないのです。」
   「死んでからいくところなんて。・・・だって死にたくないのです。」

親鸞:「唯円おまえもか!!実は私もそうなんだよ。行きたくないんだよ。」

唯円:「えぇ〜・・だって先生、いい所だって言ってるじゃないですか。」

親鸞:「でも、だから『煩悩(社会的価値観)に染まっている。』(洗脳されている)という証明になりはしないかね?」
   「人は言い続けられると、そう思ってしまうんだよ。」
   「宗教的価値観(死は成仏)と現世の価値観(死は忌み嫌うもの)はまったく反対のもので、
    般若心経でも顛倒夢想と言うじゃないか?」

このような文章の書いてある『嘆異抄』は、浄土真宗三代目の蓮如上人によって禁書とされてしまいました。

宗教的確信の書いてある文章は誤解されがちです。
普通の意識レベルの人には理解することができないのです。


モーフィアスとネオ

映画マトリックスにおいては、モーフィアスがネオの背中についているコードを抜いて、
破壊された現実世界と、カプセルに閉じ込められた肉体電池の自分であると言う状態を一時的に見せます。
この体験がネオを目覚めさせるのです。

ユダの福音書においては「光り輝く雲の中に入っていった。」が、これに当たるのでしょう。


三身説・トリカーヤ・ドクトリン

密教での身体感には、法身・報身・応身
(ほっしん・ほうじん・おうじん//ダルマカーヤ・サンボガカーヤ・ニルマーナカーヤ)とあり、
法身になるとあの世とこの世が往復できると考えられています。

イエスはこのような状態になり、復活することが出来たのでしょう。
だからこそ、み国(浄土)があると発言したのでしょう。

チベットのパドマサンバヴァも法身の身をもつとされ、七色の光を発すると言われています。
弘法大師・空海も人々の前で、身体から光を発したと言う伝説があります。


世間虚仮・唯物是真
(せけんこけ・ゆいぶつぜしん)

摂政(今の総理大臣)聖徳太子はこのような言葉を残しています。

世間虚仮・唯物是真 とは英語で、The world is illusion, Buddha world is real.
この世は仮想現実であり、仏陀(光の世界・浄土・み国)の世界こそ真実の世界である。

物質世界の頂点(総理大臣)にたった聖徳太子が、このような深い精神性の言葉を残しているのです。
その伝統を受け継ぐ日本人こそ、これから迎える世界的危機に立ち向かえる民族なのではないでしょうか?

ラジオ出演


5月26日ラジオメジュゴリエに5分間出演しました。

最初に
「日本よりカトリックの小林さんがおいでになっています・・・」と言われ
「違うんだ。カトリックではなく、仏教の坊主なんだ」と説明しました。

これからの世界は開かれた宗教が必要で、
多くの宗教の統合を目指していると説明し、
般若心経のさわりをラジオで流しました。