般若心経解題

    【 覚者・釈迦による「心が世界を創っている」教え 】 

世界をありのままに観察しようとする人(観自在)が、さまざまな深い思索の行いを通して、
一切のものはつながっているというビジョン(視点)を獲得した。

この結果、彼は一切の苦しみをコントロールすることができた。

○○さん、コトバで創ったバラバラな世界観は、つながっている世界と表裏一体なのです。

つながっている世界(一如の真実世界)とバラバラの世界(コトバで認識している世界)は
同時に存在しているのです。



感覚器官・認識器官・行動体験・この世の世界というものも、認識次第なのです。

○○さん、つながっている(一如の)世界観の中では、
生まれる・死ぬとか、汚い・キレイとか、増える・減じるなどというものはないのです。

それはコトバの世界観の中にしか存在し得ないのです。



だからつながっている(一如の)世界観の中には、形もなく、感覚器官(眼耳鼻舌身)+表層意識もないのです。

だから感覚対象(色・声・香・味・触覚)や現象(起こっている出来事=法)自体が
あなたの(程度の低い)認識で虚構したものなのです。

眼で見える対象(もの)、認識対象、知らないことによる恐怖、すべての情報を得ることもなく、
肉体の死もなく、輪廻の尽きることもなく、四諦という仏教の教えさえ無いし、
智慧も、所有することもないのです。

(それらはすべて、コトバで創ったバラバラな世界観に存在する妄想なのです。)



すべては空(つながり世界観)の下に平等なのです。


菩薩は、完璧な理解(パーラーミタ)の智慧を得たので、心に(善悪の)ジャッジをすることなく、
ジャッジ(分別)しないから恐怖も無くなり、一切の社会的価値観を乗り越えて、
涅槃(究極の寂静)に生きたまま到達したのです。

過去現在未来の覚者たちも、般若心経(Perfect Understanding Sutra)により、
究極の菩提(智慧の完成)を得ることができたのです。



だから般若心経は、神からの、智慧の、最高の、比べもののない呪文なのです。

一切の苦しみを除く、真実の教えなのです。

だから、般若心経の呪文をのべよう!!



「ぎゃてい・ぎゃてい・はらぎゃてい・はらそうぎゃてい・ぼじそわか」