人生を変えるヒマラヤの冒険
 
2011年10月25日、スティーブン・鷲峰・コーミーさんが手彫りの石の彫刻を持ってきました。

石の上には英語で三人の日本人名が書かれています。

1977年、彼が27歳のときヒマラヤに行きました。

そのときにカトマンドゥで出会った明治大学山学部OB・田辺ひろしさんと
10日間のムスタン・トレイルを体験し、友人となりました。

1979年、明大山岳部OBの(田辺ひろし・中村たかゆき・水野はるゆき)彼らのサポートで、
スティーブはエベレストの展望台・カラパタール5505mに登ることが出来ました。

そして1995年、彼らと出会って18年後、今度はゴーキョー・トレッキングに誘われました。
仕事に追われていた時期でしたので、参加できずに送別会に参加して彼らの健闘を祈りました。

ところが1995年11月11日、ゴーキョー地域はインド・ベンガル湾からのサイクロンのおかげで2メートルの大雪が降り、
パンカ:4550mでは避難していた山小屋ごと雪崩に飲み込まれました。

死亡した26人(日本人13人)の中に、彼の友人三人もいたのでした。

スティーブは、幸運を感謝すると共に、命の不思議を思ったのでした。


           


いつかは彼らの供養をしたいと思い、彼はそれからチベット仏教の修行に力を入れ始めました。

そして、13年後に私に出会い、真言宗の阿闍梨となる機会を得たのでした。



                     


2011年11月1日にスティーブは、真言宗阿闍梨として高野山でダライ・ラマの金剛界灌頂を受けることになります。

そして彼に替わって、私がパンカの遭難現場で供養のお経を唱えることになりました。

導かれた不思議なご縁なのです・・・これからまた何かが始まるのでしょう。


           


文字は、オン・マニ・ペメ・フン・フリーヒ(きりく)

    口庵・・宝珠・蓮華・金剛・・観音


観音菩薩(ダライ・ラマ)の真言です。

五色の色を塗って、五智如来の化身であることを表現しています。