般若心経と映画マトリックス

無・眼・耳・鼻・舌・身(五感)と般若心経は言う。

これって、どういう意味だろう?

無・色・声・香・味・触・法とその後に続く。

五感の反対が五感によって感じる、五境とか五欲(感覚対象)がある。
ここでの法は現象の意味になる。

認識が世界を作っているから、
低次元の認識で世界を観ると、この世が地獄に見える。

ありえない変なものがいろいろと、見えるかもしれない。

でも、あなたの認識が変われば、世界は変化する。



映画マトリックスでモーフィアス(師)はネオ(弟子)に問いかける

モーフィアス:何を知っているかはわからないが、感じはあるだろう。
        世の中、何かが間違っていると、生まれてこの方ずっと感じてきた。

        それがなんだかわからないが、目の前に存在する。
        心の中の棘のように、君を狂わせる。

        この気持ちが君を私のもとに運びこんだのだ。

        私の言っていることがわかるかね?

ネオ:マトリックスか?

モーフィアス:それがなんだか知りたいかね?

モーフィアス:マトリックスはあらゆるところに有る。われわれを取り囲んでいる。
        いまこの部屋にもある。
        窓から外を見ても、テレビをつけても見ることができる。
        仕事に行くとき、教会に行くとき、税金を払うとき、感じることが出来る。

        真実を隠すため目の前を覆っている世界だ。

ネオ:何の真実?

モーフィアス:君が奴隷だってことさ。
        ネオ、他のみんなと同じように、君は生まれながらに囚われの身だ。

        匂うことも味わうことも触れることもできない、牢獄に生まれついた。
        精神の牢獄だ。

モーフィアス:残念ながらマトリックスがな何なのかは誰も教えてくれない。
        ・・・自分で確かめるしかない。


モーフィアス:これが最後のチャンスだ。これ以後は引き返すことができない。
        青いピルを飲むと・・・物語はお終いだ。ベッドで目覚め、後は好きに考えればいい。
        赤いピルを飲むと・・・君は不思議の国にとどまる。
        ウサギの穴がどれだけ深いか、見せてあげよう。




密教では、世界は胎蔵界(Matrix)と金剛界(Diamond)に分けられる。
物質世界と、精神世界だ。

この世界は金胎不二(分けられない)と考えている。

そこで、両手(二元論)を合わせ金剛合掌(金胎不二)をして頭上に掲げ、叡智を世界に披露するのだ。    

ここで出来る中央が卍方の三角形を、一切智印(サルバ・ジュニャ〜ナ・ムドラー)といい、
胎蔵界(マトリックス)曼荼羅の上部にある。

そう、あのフリーメーソンのマークと同じ、三角形なのだ。

これは下部にあるものは、上部の存在が見えないという真実を表現している。

そしてその隠された真実は「as above so below=上にあるものは下にあるものの如し」なのだ。


あなたがご自分の旅(人生)を通して、自分の中に、神聖(神の存在)を発見したら、
この世が・・・如来蔵のように見えるだろう。

モーフィアスはネオに言う・・・「マトリックスはシステムだ。」


地方の豪族から土地を取り上げ、律令制度というシステムが出来上がり、日本国は誕生した。
その官僚システムが、老朽化してきている。

しかし、システムがマトリックスであるゆえに、そのしがらみを切ることは内部の人間にはできない。


日本国のカルロス・ゴーンは・・いつ、どこから、やってくるのだろうか?