東京国立博物館の秘密

  紀元前後から数世紀にわたりインド北西部のガンダーラ地方に発達した、
  ヘレニズム風の仏教美術を言います。
  古いものはギリシャの影響が色濃い。

  この芸術は西域から中国に伝播して、飛鳥美術として花開きました。

如来立像
納衣で輪郭を表わす
如来座像
説法印で脇侍が円光の両側に
如来頭部
螺髪(らほつ)と白ゴウ「第三の眼」が印象的

  東京国立博物館は秘密の宝庫です。

   来館者はみな満開のしだれ桜にカメラを向けていましたが、私の関心は飾られている品々です。

  博物館に入って左に行くと、あふれる池のアプローチの奥に
  近代的なコンクリート工法の法隆寺館があります。

  一階の第二室には薄暗い部屋には、飛鳥時代の小金銅・観音像がケースの中に鎮座しています。
  止利仏師の工房で作られたものです。

  なぜこれらの中で、丸い珠を持っているものがあるのでしょうか?

  また、どれもこれも四等身や五等身なのでしょう?

  
  N165の観音菩薩立像は両手で珠を持っています。(持宝珠印)

  辛亥年(651年)7月10日に亡くなった笠評君(かさのこおりのきみ)のために
  遺族が発願して作らせたと記されています。


コンペイ

金銅製の独鈷杵に似た18,2センチの法具。
法隆寺館:第五室にある。
元はインドの眼病治療に使われた医療器具。密教に取り入れられ、
人々の無智を取り去り、覚り(心眼)を開くために使われる。
伝法灌頂では、この法具を眼に当てられてエネルギー伝授を受ける。
三鈷杵

古代インドの武器で、密教の法具として使われる金剛杵
(バジュラ=サンスクリット語・ドルジェ=チベット語)のひとつ。
密教では心中の煩悩を打ち砕く道具として使われる。
不動明王はこの三鈷杵の先が伸びた剣を持っている。
氣(念)エネルギーが剣として描かれているのだ

八重椀


響銅(さはり)製のお椀が八個重なったもの。
博物館では「食器」と言っているが・・・?
あまりにも「ドニパトロ=シンギングボウル」に似ている。

響銅(さはり)の合金はいまでも仏教の鳴り物・オリンの
材料として使われている。
密教では、師から数少ない弟子にしか秘密は伝えない


金剛子念珠

水晶と菩提樹とガラス玉製。11世紀。
なぜこの当時から水晶という手に入れにくい素材で
作ったのだろう?
金剛子(菩提樹)もインドでしか手にはいらない。
氣(エネルギー)のパラダイム(思考法=世界観)なしには
理解できないのではないだろうか?

五鈷鈴

ガンター(サンスクリット語)ティルブ(チベット語)
全高18,5センチの室町時代の金剛鈴。
密教の修法では、鳴らして邪気をはらう。
諸尊を驚愕させ有情を警悟させる。

  オン・バザラ・ゲンダ・トシャコク

愛染明王座像

本地は金剛薩?
衆生の愛欲がそのまま悟りであることを示す明王。
三目六臂で忿怒の相を成し弓矢を持つ。
恋愛成就の願いをかなえるとされる。

  オン・マカラギャ・バゾロシュニシャ・
  バザラサットバ・ジャクウン・バンコク

軍荼利明王の印

胸の前で組む羯磨印は、
プロテクト・ムドラーとも呼ばれる。

  オン・バザラ・キャラマケン

良源(慈恵大師912〜985)

平安中期の天台宗の僧。
呪力にすぐれ行基以来のなれなかった大僧正になり、
消失した延暦寺の復興に尽くした。
念珠を数えマントラ・ヨーガの行をしているところ。
数珠は失われている。

密教観想宝珠形舎利容器

観るだけで覚りが開けるというシンボル。
ここに密教の秘密が山のように隠されている。
宝珠と蓮華と金剛杵。