ドルジェ芝公園の秘密
ドルジェ芝公園を建てる


るとき、夢でシヴァ神が踊っている姿を見た。

そして私に「このままでは人々を踏みつけてしまう。どこかに踊る場所はないのか?」と叫んだ。

翌日の昼、不動産屋から電話が来た。
「いい物件が見つかりましたよ。お迎えに上がります。」

さっそく車で行った先が、芝公園だった。

南側の芝パークタワーは外務省が、建て替えの間移動してきていた。
そのとき私の身体に、何かが入ってきて囁いた。

「外務省と自衛隊は日本の男性性だ。
 経済という女性性だけを目標にしてしまったので、いまの日本がある。」

「日本の男性性を立ち上げろ!!・・・・・・

 シンボルとしてのドルジェ(金剛杵)を立てなければならない!!」

この声に導かれて、ドルジェ芝公園は出来上がった。

土地の下には密教の智慧で、ヒマラヤ水晶やチベット密教法具を埋めた。

    

右の柱は円柱、左は角柱で作られている。
二極対立の統合を目指す。

ビルはアースカラーの薄緑色、
天井とドアの色は1階から、黄色、緑、赤、白、紺。地水火風空(五大)の色だ。
地下は紫色に塗られている。

    

密教では、色や形やコトバにより、エネルギーを発すると考えている。

芝公園周辺にはインドのカレー屋が多い。
これも、彼らインド人が、シヴァが好きなせいだろう。

シヴァ神は日本に来て、不動明王となった。

いまのような閉塞感漂う日本を破壊する神、シヴァ(不動)はどこにいるのだろう?


フィリップ・カモワン師に出会う


ビルを建ててから5年が経った。
そしてタロット・メーカーの家に生まれたフィリップ・カモワン師に出会った。

彼は若いときに父親が亡くなって、演劇を目指すことになった。

しかし人生は思うようにならず、失意のときにインドでシヴァ神に出会っている。
夢でシヴァ神に地球の上に連れて行かれて、地球の歴史を見させられたのだ。

これをきっかけに、彼はカモワン・タロットの再版に生涯を捧げることになるのだ。

その彼が日本に来て、ドルジェ・芝公園を訪問した。

そして、ドルジェ芝公園が「タロット16番・神の家」のカードであると教えてくれた。

秘密は畳み込まれている。

あなたが秘密を解く鍵を持てば、世界は今とは違う動きをするようになるのだ。

それこそが、「真実は隠される=認識が世界を作っている。=密教」ということなのだ。

曼荼羅の秘密



     


写真の曼荼羅を金剛界(ダイヤモンド)・胎蔵界(マトリックス)という。
二元論の統合(金胎不二)を暗示している。

ビルの入り口の柱と同じ意味だ。

手前の旗は、タルチョといって、地水火風空(五大)の要素が現されている。
五元論の統合(六大喩伽)を暗示している。

ビルの五階建ての色の意味を表している。

観るものにはすべて意味があり、叡智(グノーシス=覚りの智慧)があれば真実が観えてくるのだ。

すべては神仏(創造主)からのメッセージだから!!

さあ、賢者の石(光り輝くもの)を掘り出す人は誰だろう?!