チベット波動ヒーラー養成講座を受講して

人は、何か不足を感じたとき、動き出す。
満足しきっていたら、何も始まらない。

何かがおかしい、自分は変わっているのではないか。
何でこうなってしまったのか。

いわゆる、世の中一般のあるべき姿から、外れてしまったとき、はたと考え込む。
罪を犯したとき、失業したとき、何かに失敗したとき、何かを失ったとき。

私もそうだった。
仕事と家族を失って、さてこれからどうしよう?

鍵は今まで避けていた「宗教」にありそうだとは思っていた。
でもどうやって近づけはいいのだろう?

宗教に絡む怪しい話はたくさん聞く。
特に弱い立場の者につけこむ話は。

そう、私は学生時代の恩師にたまたま空海がいいですよ、と勧められたのがきっかけだった。
だが、空海について書いてある本を読んでもさっぱりわからない。

いろんな本を読んだ。
恩師がこんなサイトもある、といって「まんだらや」のサイトを教えてくれた。

なかなか充実しているし、興味深いこともたくさん書いてある。
行ってみたい、でも何だか怪しいところだったら嫌だし、怖いな。

葛藤があるところに物語は生まれる。
迷ったすえに、まんだらやの門を叩いた。

自分でも勇気ある行動だと思った。
だってかなり実際のところ、怪しかったから。

しかし話を聞いていて、うなった。
この人の話、真理をついている。
信じられる。

直感だった。

昼の星は見えない。
夜の星は見える。
昼も星は見えているはずなのに、私たちは昼の星を見ていない。

見えないものがある、
すべては意味がある、

いま、私が生きているのは何のためか、
なぜ、今こうして学んでいるのか、すべて意味があること
受講しながら私は、気づきを深めていった。

しかし物語はこれで終わりではない。

この養成講座を受講して気づいたこと、得たことをどうするか?
再び葛藤との戦いだ。

ストレートに伝えて、一体だれが振り向こう。
友達に話すには、ひどく気をつかう。
誰ならここまで大丈夫、
この人にはここまでかな、
その試行錯誤の繰り返し。

親でさえも、葛藤の対象になる。

孤独な戦いだ。

でもだからこそ、そこを乗り越えて伝わったときの、感動は大きい。
そしてそういう人に出会ったときは、うれしい。

ああ、やっぱりあなたも、と思う。
そして勇気をもらう、次へ一歩踏み出す勇気を。

ヒーラー養成講座を受講したら、何だか別次元にいって、悩みも何もかも超越してしまうのか、
と思った時期もあった。
が、今は違う。

相変わらず日々の悩みを抱え、仕事のストレスや人間関係のいざこざを抱え、
不足だらけの自分を抱え、じゃあ何が変わったか。

う〜ん、それは眼差しかなあ。

自分を取り巻く世界への、他者への、眼差し、見方が、変わった。

な〜んだ、それだけ?
そう、それだけ。
でもすごいんだ。

私は今それを実感しているんだもの。

by T.M