大黒天作法(龍樹の中論)

 ふしょう やくふめつ          ふだん やくふじょう
不生亦不滅    不断亦不常 

 ふいち やく ふい             ふらい やく ふこ
不一亦不異   不来亦不去
          
のうせつ ぜ いんねん         ぜんめつ しょけろん
能説是因縁   漸滅諸戯論 

  がけい しゅらいぶ         しょせつ ちゅうどうぎ
我稽首礼仏   諸説中道義

いんねんしょしょうほう            がせつ そく ぜくう
因縁所生法   我説即是空 

 やくい ぜ けみょう           やくぜ ちゅうどうぎ
亦為是仮名   亦是中道義

しょほう じゅうえんじょう          にょらい せつぜいん
諸法従縁生   如来説是因    

ぜほう じゅうえんめつ         ぜだい しゃもんせつ
是法従縁滅   是大沙門説

オン・マカ・キャラヤ・ソワカ 
オン・マカ・キャラヤ・ソワカ
オン・マカ・キャラヤ・ソワカ

大黒天作法は龍樹の中論で始まります。

ナーガルジューナ(龍樹)は中論の冒頭において「不生・不滅・不断・不常・不一義・不異義・不来・不去であり、

戯論(けろん)が寂滅(じゃくめつ)して吉祥(きちじょう)である縁起を説いた正覚者(しょうがくしゃ)を、

諸々の説法者の中での最も勝れた人として稽首(けいしゅ)する。」と説いています。

この意味は

『(宇宙においては)何ものも消滅することなく、何ものも新たに生ずることもなく、

  何ものも終末あることなく、何ものも常恒であることなく、何ものもそれ自身と同一であることなく、

  何ものもそれ自身において分かれた別のものであることはなく、

  何ものも(我らに向かって)来ることもなく、(我らから)去ることもない。

  というめでたい縁起のことわりを、仏は説きたもうた。』となります。

縁起の理法を重視しているのです。

縁起についてはダライ・ラマ14世が来日の際、

『縁起には三種類あります。
一つ目は因果律、二つ目は相互依存、三つ目は言葉にすると顕れる。』

と説明なさいました。

因果律とは「原因があるから結果がある」という考え方です。

悪因悪果、善因善果という原則が導かれます。

相互依存とは「すべてのものは相互に依存して存在する。独立して存在するものはありえない。」という考え方です。

三番目はきわめて密教的考え方ですが、言霊信仰の由来ともなっています。
すべてのものは言葉を発することによって、現象として現れるという考え方です。

すべてのものは個人が意識したことが、口で語られ、身体を通じて現象として作り上げられています。
これを密教では身・口・意の三密といいます。

世界のすべては、我々の心が創り上げ、音として表現され、現象化しているのです。
だから我々の心が変われば、世界のすべてが変わるのです。

ところがマトリックス(仮想現実の社会)の中で何年も生活してしまうと、
過去の価値観が絶対の真実になってしまいます。
そうすると別のパラダイムの社会がありえないと、思ってしまうのです。

先日あるキリスト教のパンフレットを手に入れました。
そこには「一度だけの人生、あなたはどう生きますか?」との質問がありました。

密教では死はありません。
一度だけの人生ではなく、何度も生まれ変わり、死に変わりしている人生なのです。

空海はその著書、秘蔵宝鑰で「三界の狂人は狂せることを知らず。四生の亡者は盲なることを知らず。
生まれ生まれて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥し。」と述べています。

その暗さ、冥さから抜け出るために智慧の光明が必要なのです。

そのためには生死を繰り返し、体験を積んできた意識の奥に、
光り輝く仏性があることを気づかなければなりません。

これは、「何かこの世は変だな〜。」と思う心がきっかけになるのです。