ブッダのコトバ
すべては網の目のようにつながっている



    網の目が互いにつながりあって網を作っているように、すべてのものはつながりあって出来ている。

    一つの網の目が、それだけで網の目であると考えるならば、大きな誤りである。
・・・・・勝鬘経(しょうまんぎょう)



帝釈天はインドの最高神にして、雷神の性格を持つ神・インドラです。
帝釈天は欲界のトウリ天の主で、須弥山山頂の喜見城に住んでいます。

この城には「帝網=たいもう」という網がかかっています。
網のひとつひとつに宝石が結び付けられ、周囲の世界を写し込んで輝いています。

このようにすべての世界が、互いに関連しあっているということを「重々無尽」といいます。

一つのものの中に、すべてのものが関わりあって存在していることを
「一即一切重々無尽=時間と空間はひとつのものの中に畳み込まれている」というのです。

    
               


四つの利他の心


    多くの人々のために、幸福と楽しみを与えることは、大きな慈(じ)である。

    多くの人々のために、苦しみと悲しみをなくすことが、大きな悲(ひ)である。

    多くの人々に歓喜の心を持って向かうのが、大きな喜(き)である。

    すべてのものに対して平等で、分け隔てをしないのが、大きな捨(しゃ)である。
・・・・大般涅槃経


          


慈悲喜捨(じ・ひ・き・しゃ)=四無量心(し・むりょうしん)

    慈をおさめると貪りの心を断ち、悲をおさめると瞋り(いかり)のこころを断ち、
    捨は恩と恨みのいずれに対しても、違いを見ないようになる。
 ・・・釈迦


この心の中の三つの毒を、貪瞋痴と呼び、三毒(さんどく)とも称します。


迷いの泥の中に宝珠がある



    あらゆる危険を冒して海の底に降りなければ、値も知れない素晴らしい宝石は得られないように、
    迷いの泥海の中に入らなければ、さとりの宝を得ることはできない。

    山のように大きな我への執着を持つものであって、初めて道を求める心も起し、
    さとりもついに生じるであろう。
   ・・・維摩経


          


もしあなたが今苦悩に直面していたら、これは一つのチャンスです。

そう思えたら、その苦悩は克服されたも同然です。


極端を離れて真理を覚る



    仏の教えは、相反する二つを離れて、それらが別のものではないという真理を覚るのである。

    もしも、相反する二つの中の一つを取って執着すれば、喩えそれが善であっても、正であっても、誤ったものになる。
・・・楞伽経


    「真理の体現者は、この両極端に近づかないで、中道を覚ったのである。

    それは眼を生じ、平安、超人知、正しい覚り、安らぎに向かうものである。」



具体的には、八正道がその道になります。