あなたが幸せになることが、求められています・2 



幸せは、状況(お金を持っているとか、彼女がいるとか)によってなるのではない。
幸せは幸せの国からやってくるのです。

                                                                            ・・・ダライ・ラマ14世



私たちは眼鏡をかけて、外の世界を見ています。
その眼鏡とは、思考方法のことです。

思考方法は物語によって刷り込まれています。

思考方法とは世界観なのです。


私はあなた方を癒すことはできません。
でも、仏教の思考方法をお伝えすることで、幸せになる方法をお伝えすることができるかもしれません。

低次元の思考方法を仏教では煩悩と捉えています。
三つの煩悩は、貪欲、怒り、愚かさです。

欲望に対する執着が、怒りや嫉妬心ともなり、他者を恨む心になります。


密教では、その秘密を三密(身口意)と述べます。

世界は意識(無意識)によって作られているのですが、口に現すことによってより一層具現化します。
そして、無意識の思いが行動の元になるのです。

ダライ・ラマは「コトバにすると現れる。」と語っています。
他者を批判するコトバは、その人の無意識にある三毒(貪欲・怒り・愚かさ)が元で、発声されるのです。

コトバは「未来予告・宣言」です。
だから悪口を言ってはいけないのです。

言えばそのコトバが還ってきて、あなたが不幸になります。
だからあなたが不幸を作っているともいえるのです。

このメカニズムが、言霊なのです。


その人の認識が低ければ、自己にこだわる心で世界を見てしまいます。
でも、自分とは、自己でもあるが、日本人でもあり、人類でもあり、宇宙人(毘廬遮那意識)でもあるのです。

上位の人類意識(抽象化を高める)になって物事を見ようとすることで、個人にこだわる意識は減っていきます。

あなたが幸せになるとは、あなたの思考法が変わるということです。

いま、世界は争いを求める混乱の時代が近づいて来ています。
それを避ける方法は、あなたが幸せを求めることしかないのです。

お金とか、物の獲得により幸せになるのではなく、心を変えることで幸せになることが求められているのです。


え~?誰に求められているの?

あなたの心には、幸せを求める心(シンボルとしてのお坊さん)と、怠惰な心(シンボルとしての黒い象)と、
落ち着かない心(シンボルとしての黒い猿)があります。

この三者が、あなたの心の中で話し合いをしています。

そう、あなたの中のお坊さんが、あなたの心を変えようと他の二人に求めているのです。
覚りを求める道を昇ることを求めているのです。

仏教ではこれを、菩提心といいます。

あなたも、煩悩(三毒:社会的価値観)を疑い、菩提心を求めてみませんか?