バジュラ・この不思議なもの
金剛乗=バジュラヤーナ


   

ネパール・カトマンズのスワヤンブナート寺院の大型バジュラです。

バジュラとは何なのでしょう?

バジュラとは日本語で金剛(杵)、チベット語ではドルジェと呼びます。

大乗仏教(マハ・ヤーナ)、小乗仏教(ヒナ・ヤーナ)と呼ぶように、
密教も金剛乗(ヴァジュラ・ヤーナ)と呼ばれます。
密教には欠かせない法具です。

密教のシンボルとしてのバジュラは、菩提心を表しています。
真言宗での伝法灌頂では、大阿闍梨より頭頂にバジュラを乗せていただき、
金剛(ダイヤモンド)の身体になったことを暗示させます。

菩提心とは「覚りを開くという固い決意」です。

この決意は、金剛不壊(こんごう・ふえ)と表現されます。
ダイヤモンドのように壊れない硬さなのです。

金剛サッタ=光の戦士(ライトワーカー)


人の意識が高次の次元に達すると、私たちは、金剛サッタ(バジュラ・サットバ)になります。

金剛を持った人とは、意識が結晶化してきた人々のことです。
此の世に出てきた目的を発見することの出来た人々のことです。

西洋の神秘学・カバラでは光の戦士(ライトワーカー)ととらえています。

密教の修行の過程は、個人の意識を人類意識に成長させ、
最後には宇宙意識にまで高めていくことです。

この成長のために何回もの輪廻を繰り返し、人生を体験していると考えています。

人生は覚りを得るための、修業道場なのです。

中国気功師とバジュラ


日本ではバジュラの尖っている先端の数で、独鈷、三鈷、五鈷、九鈷と呼ばれています。
独鈷はプルパと呼ばれ、他の金剛杵はどれもバジュラと呼ばれます。

バジュラはエネルギーを流す道具で、中国の気功の先生方もお気に入りです。
チベット僧のヒーリングは、蔵密気功(チベット密教気功)として中国の気功師に伝わっています。

バジュラを右手にとって、左手の労宮(掌の中央)や腕にかざしてみて下さい。
氣の流れが動くのが分かるでしょう。五鈷は天からの氣を流入させる道具にもなります。

映画「スターウォーズ」ではエレクトリック・ソードが
バジュラをイメージに考えられています。
孫悟空では耳の中に隠れてしまう如意棒が、バジュラのイメージです。

どちらも聖なる使い手でなくては使用できないのです。

チベット僧のヒーリング


チベットの密教僧は、このバジュラやプルパを使いヒーリングをしています。

チベット密教では(真言宗でも同じですが)バジュラを単独では使いません。
左手に金剛鈴(ガンター)右手にバジュラを持ちます。

      

ガンターは女性性・蓮・般若の智慧のシンボルです。
その際のバジュラは、男性性・金剛・慈悲と方便の象徴です。

ヒーリングは耳元で鈴を鳴らすことから始まります。
鈴の音は論理脳である左脳の働きを停止させます。
ボーっとしてくるのです。

その時にエネルギーの流れを読み取り、プルパやバジュラで氣のエネルギーを
抜いたり、入れたりするのです。]
いわゆるチャクラの部分、頭頂などに尖った先端を当てるのです。

立て金剛杵!!


真言宗では独鈷・三鈷・五鈷を洒水加持(しゃすいかじ)の際に使います。
数珠をこすりながら胸の前で上下に動かすことにより、胸のチャクラを浄化し高次の意識にさせます。

日本密教の仏像は上位から、如来・菩薩・明王・天となります。
このうちの天部の神々が独鈷や三鈷を持っています。
不動明王の右手に持つ剣は三鈷の剣です。
そして弘法大師の絵には、欠かさず五鈷杵を持っています。

五は五智を表し、五つの煩悩が五つの悟りとなる、転識得智(てんじきとくち)を表現しています。
この際バジュラを縦に構えて、マントラ(立て金剛杵!!)を唱えるのです。

       

これは金銅密観・宝珠形舎利容器です。本物は東京国立博物館にあります。

密教は教えの智慧を言葉ではなくシンボルで伝えようとしました。
この形の意味は月輪・マニ宝珠・蓮華・金剛杵・羯磨が統合している意味になります。

音で表すとオン・マニ・ペメ・フン・フリーヒとなります。
大日如来・宝生如来・阿弥陀如来・アシュク如来・不空成就如来を意味します。

五智は法界体性智・平等性智・妙観察智・大円鏡智・成所作智となります。
五鈷杵を意味します。

三鈷杵はマニ・ペメ・フーンの象徴です。
位置は額と喉と胸のチャクラを指します。
三部の真言を唱えるときに、額と喉と胸に印を置きます。
その位置が智慧・慈悲・力の象徴になります。

独鈷杵は力の象徴、アシュク如来の眷属の持ち物です。
象徴性は多様な意味をもたせることが出来、言語による限定された真理の伝授よりも有効なのです。

手により印(ムドラー)を組むことも、より深い伝授となります。
現代の文明は、言語による理解のみに傾くあまり、身体性・象徴性による理解を見失ってしまいました。

象徴性の力強さとは、オリンピックのときにはためく「日の丸の美しさ」に象徴されます。
精神世界でのバジュラの力強さが、現象世界の中で男性性、精神性の回復の象徴となることを祈ってやみません。